振り回されたい願望

f:id:tureture30:20191214104644j:image

 

自分で言うのもなんだが、

私は割と何でも卒なくこなす。


大の苦手である恋愛を除いて、


だから女性と過ごしていても、

何かをしてくれる前に先回りをして、

自分から動くことが多い。


それを魅力と感じる人もいれば、

そこに居心地の悪さを感じる人もいるのだろう。


ところがたまに、

躊躇なく突っ込んでくる人がいる。

ニコッとしながらアクセル全開で突っ込んできて、

NHK…ではなくて私のプランをぶっ壊す。


そういうワガママ女、


「めんどくさい」と思いながらも、

嫌いじゃないのかもしれない。


「自分を持っている」


そういうところに魅力を感じるのかな。


「こうでなければならない」


男女問わずだけれども、

そういう人とは過ごしていると面白みがない。


『ハンターxハンター』


ジン=フリークスの一言、

「道中を楽しみたい。ただそれだけだ。」


少しばかり年をとって、

その感覚が少しわかるようになった。


どこぞのホストみたいに刺されたりしたら嫌だけれども、

プランぶち壊しで突っ込んでこられたら、

返って小気味が良いのかもしれない。


ビジネスではそういうのはゴメンだが、


「人生の大半は暇つぶし」


そういうCMがあったけれど、

停滞した私の人生に、

課題を提供してもらいたいのかな。


前には進んでいるのだけれど、

前に進んでいる実感がない。


だから振り回されたいのかもしれない。


振り回されて振り回されて、

結局はうまくいかない。


そういう繰り返しが続いたけれど、

それでもまだ振り回されたいのだ。