世界はどんどん二極化していく

f:id:tureture30:20191215084636j:image

 

少し前に流行ったトマ・ピケティ、

「労働賃金の成長率よりも投資で生まれる利益のそれが大きい」


経済は成長する。

だから資産を持つ人にお金が集まり続ける。

一方で資産を持たない人は相対的に貧困に向かい続ける。

格差は広がる一方だ。


そういう主張、


そもそもルールを決める側は決まって、

決められる側と比較して富裕層だ。

だからそうなることはある意味では当たり前、

本来はそうならないために政治があるはずだが、


それだけではない。


貧富の格差もそうだけれども、

人の価値観だって二極化が進んでいる。


「情報の取捨選択」


簡単に情報が手に入る時代だから、

どのような情報にアクセスするも個人の自由、


善悪の判断基準はともかくとして、

「善く生きたい」と志している人は、

自然と善い価値観に触れる機会が増える。


逆もまた然り、


個人に自由が与えられれば与えられるほどに、

どんどん二極化が進むのだ。


だけれどもそれは悪いことばかりではない。

そこから新たな発想が生まれることもある。


「多様性を認められないこと」


そこに病理がある。

 

偏った価値観に縛られてしまうと、

人に危害を加えるような人は確かにいるけれど、

それはきっとほんの一部の話、


多くの「変わっている人」は無害のはず、

だけれどもセンセーショナルな事件ばかりが目立つから、

「普通じゃないと怖い」とそうなる。


個性を伸ばすような教育が先行して、

異文化で育った外国人が増えて、

これから先は「普通」というものが今よりも曖昧になるだろう。


そういう中で自分も個性的に輝くこと、

誰に遠慮するでもなく生きたいように生きること、


その先で道の交差した誰かと、

一緒になることができればこれほど素敵なことはない。


「相手」の価値観を理解しようと務めること、

そして「自分」を蔑ろにしないこと、

それさえ忘れなければいい。


生き方って色々あるのだから、