原点

f:id:tureture30:20191220070352j:image

 

立ち返るべきところ、

 


そういうものを持っていないと、

立場やら環境に紛動されてしまう。

 


私にもそういうものがある。

 


ハタチそこそこのときは、

それこそ命懸けで理想のために駆けずり回っていた。

 


だけれども徐々にカタチだけになってしまい、

挙げ句にはどこかに追いやられてしまう。

 


あんなに大事にしていたものなのに、

心の奥底に押しこめて、

もはやどこにあるのかさえもわからない。

 


あんなに大事にしていたものなのに、

時は無情なものなのだな。

 


ふとした時に湧き立つ何か。

そのエッセンスだけは息づいているようだ。

 


「怒り」が生まれる。

 


功名心ではない。

自己存在を証明するために、

湧き立つ何か。

 


そこに心の底から求めているものの、

答えがあるのかもしれない。

 


「原点」

 


もう一度、丁寧に思い起こしてみよう。

何のために命を紡いでいるのか。

何を掲げて時を刻んでいるのか。

 


それが明確な人は強い。

 


知識も経験も、

積み重ねては来たけれど、

熱量は失われてきた。

 


「人生なんてこんなもの」

 


天井が見えてきてしまうと、

そこで諦めてしまうようになるのかな。

 


命なんていらない。

理想を築くための礎になれればそれでいい。

 


そういう熱量が、

確かに私にもあった。

 


もはやその欠片も残っていないけれども、

その時の自分に恥ずかしくないだけの生き方はしたいものだ。