クリスマスという今年最後の山場を乗り切った

f:id:tureture30:20191225231121j:image

 

クリスマスという山を登りきった。

やっとだ。

例年と比べると今年はだいぶ高い山だった。


「恋人と過ごす日」などではない。

イエス・キリストの誕生日だ。

そんなに日に何を祝って体を重ねるのか。

 

結局は寂しさを埋めたいだけ、

ここぞとばかりに期限を設けて相手を作る。

アプローチのきっかけに過ぎないのだ。

もはや「文化」なのだろう。


人は孤独な生き物だから、

人肌に触れる機会がないと、

自分の存在価値を信じることが出来ないのだ。


多分に漏れず私もそう。

ここぞとばかりにアプローチ、


あまりにも寂しかったものだから、

アプリで女性とのやり取りをして過ごした。


もちろん相手もクリぼっち、

接客業の女性は定休日で「無駄に休み」らしい。


元気なことで女子会を開くとのこと、

同性だとしても人肌に触れたいのだろう。

その気持ちは痛いほどわかる。


そんな寂しさを埋めるためのやり取りを続けていると、

急に表示される「いいね」の文字、


少し年上で落ち着いた雰囲気、

プロフィールからは芸術的な気品が漂っている。


読書が好きだというので、

少しそこを突っ込んでみると、

かなり本格的に好きなようだ。


そういう女性ってあまり接点がなかったから、

「いいな」って思った。


「明るくて元気で自由気まま」


そういう女性にばかり惹かれてきたものだから、

その後の苦労は絶えなかった。


しっとり落ち着いた雰囲気、

結局はそういうところに落ち着くのかな。


男は単純だから、

結局は容姿が入り口としては最も大事なファクターなのだ。

「男」ではなく「私」か。


何度か写真詐欺にあっているから、

会うまではわからないけれども、

写真は「素敵」と思うのに十分な美しさ、


まだやり取りを始めたばかり、

どうなるかわからないけれど、

少しは人生に彩りが加わったのかな。


灰色だけの心に加わった、

「赤」と「緑」の彩り、


クリぼっちの寂しさを紛らすところから始まる出会い、

そういうのって少しだけドラマチックだ。


心が寒くて凍死する直前に、

遠くにかすかに見える灯火を見つけた気がする。


時期が時期だけに自分にそう言い聞かす。


クリスマスってやつ、

そのために必要だったのかな。


子供の頃は楽しみだったはずなのに、

いつからか嫌いになったクリスマス、


また少しだけ好きになれたかもしれない。

2019年の冬、