2020箱根駅伝

f:id:tureture30:20200103145827j:image

 

『いだてん』を見ていたものだから、

今年はひとしお強い思いで箱根駅伝を見ていた。


力を使い果たして襷をつなぐ。

その積み重ねで200キロの道のりを走り切る。


誰か1人にでもアクシデントがあれば、

全てが終わってしまう。


ものすごい競技だ。


「一秒を削り出せ」


その一秒がチームの成績につながる。

予選会を含めてほんの少しの差で勝敗が決まる。


「頼んだぞ」って、襷を渡す。

「よく走った。任せろ」って、

笑顔で襷を受け取る。


その姿に、これまで結んできた「絆」が凝縮している。


悦びに沸いた大学も、

涙を飲んだ大学も、

この場で走ること自体がすごいこと、

 

自分を限界まで追い込んできた。

そこまでの努力が人生を作る。


「何かに夢中になること」


その美しさを教えてもらった。


金栗四三さん、

あなたの襷は今でもつながっているようです。

 

東京オリンピックイヤー、

スポーツでつなぐ。

 

2020年が始まった。