思いの丈を吐き出すということ

f:id:tureture30:20200104174438j:image

 

立場だとか、

キャラクターだとか、

人は自分を客観的に見ているものだから、

理性を働かせて自分自身をセーブする。


それも大事なこと、

 

全ての人が思ったことを口に出してしまったら、

世界はみんな滝沢カレンさんになってしまう。


あの人はとても不器用なのだろう。

 

思ったことが口をついて出てしまう。

それを取り繕うために言葉を重ねるから、

だからおかしな言葉が生まれる。


それがあの美貌と相まって、

不思議なキャラクターを生み出した。


話を戻そう。


人は自分の立場を守るために、

周りとうまくやっていくために、

「本音」を隠して生活する。


それの得手、不得手はあるけれども、

多くの場合はその積み重ねにより、

技術は向上する。


社会で生きるために必要なものだから、

誰もが「本音」を隠すプロフェッショナル、


手練れになればなるほど、

自分の要求を通すために、

「本音」と「建前」を使い分けるのだ。


そのうちにテクニックを使っていることすら忘れて、

周りを自分の思い通りに動かしたくなる。


そして「察しろよ」って、

相手にまでその価値観を押し付けるようになる。


「察することができない相手が悪い」


自分の不誠実さを棚に上げて、

そういう世界を作り出す。


そういう世界の住人になったならば最後、

死ぬまで腹の探り合い。


出世争いや、

同性間のマウンティング、

家庭の主導権争い、


そういう生き方しかできなくなる。


自分を醜くしてまで、

人より優位に立とうとしなくたっていいんじゃないかな。

動かそうと思えば思うほど、

人の心は思うように動いてはくれないよ。


相手だってプロフェッショナルなのだ。

そういう魂胆は見抜かれている。

醜いものに惹かれる人などかなりの少数派、

どんどん人は離れていく。


だから大事なことは、

腹を割って「本音」で向き合える人を、

どれだけ多く持てるかなんじゃないかな。


こちらから「信頼」を差し出さなければ、

相手は「信用」などしてはくれない。


ありのままの自分で勝負する。


そういう強さを身につけないと、

必要以上にストレスが溜まってしまう。

 

気持ちをそのまま表現する機会を増やさないといけない。

思いの丈を吐き出す機会を、


だから敢えて言おう。

声高らかに私の欲望を、

 


私は、

愛する人と愛のあるSEXがしたい!!!」

 

今まで直接的な表現は避けてきたけれど、

そんなことを気にしても仕方がない。

したいものはしたいのだ。


それを叶えられる年になるといいな。