自分の外にある「美しい世界」を見つけたほうがいい

f:id:tureture30:20200110074858j:image

 

人は理想を描いて、

その理想を叶えようと奮闘する。


誰しもそういう時期はあったはず、


そんな「美しい世界」


飛び抜けた天賦の才や、

恵まれた環境に後押しされて、

その世界から一歩も出なくても生きていける。


もしかしたらこの世には、

そういう人種もいるのかもしれない。


だけれども99.9999%の人間は、

その世界だけでは生きてはいけない。


「キレイごと」では済まないのだ。

どこかで理想と折り合いをつける必要に迫られる。


下手にその時期が遅れるほど、

その世界から抜け出すために苦労を要する。


最後まで抜け出すことができずに、

行き場を失ってしまうこともあるのかもしれない。


自分の可能性を信じ切って、

周りも「頑張れ」って応援してくれて、


「恵まれた環境」


でも、それって本当に恵まれているのかな。


地に足ついた目標を勧めてくれる人達に囲まれたほうが、

恵まれているんじゃないかな。


「閉じこもっていないで出てきなよ。

死ぬまでそこにいるつもりなの?」


「美しい世界」に閉じこもっているけれども、

両耳はいつもその言葉を待っている。


働かなくたって、

衣食住には困らない。


それもまた「美しい世界」なのかな。


下手に人の夢を応援してさ。

応援している側はそれで自尊感情を満たすことができる。

結局は自尊感情の満たし合いなのだ。


自分を気持ちよくさせてあげること、

人は精神的自慰行為なしでは生きていけない。


だから閉じこもっていないで、

さっさと人を応援する側に回りなよ。


「自分にはできなかったから応援したい」ってさ。


そんな共感を口にして、

自尊感情をドバドバ満たしてあげればいい。


自分の外にも「美しい世界」を見つけること、


「美しい世界」に閉じこもるよりも、

そっちのほうがずっとコスパがいい。