許すよりも憎むほうがよほど楽

f:id:tureture30:20200114070414j:image

 

誰かのせいにしていればいい。

そうしていれば前に進む必要はないのだから、


いつまでも文句をたれて、

勝手にイライラして、

「うまくいかないのはアイツのせいだ」


そう思うことで自尊心を守る。

過保護なくらいに何層にも包み込んで、


だから心は動くスキマもない。


「悪くないんだよ」って言い聞かせて、

「相手が不幸にならないか」ってそんなことばかりを監視して、


無駄に労力を使うから、

何かが進んだ気になっているけれど、

結局は何も進んでいない。


人はかけた時間に比例して、

その対象に執着するようになる。


「許す」事ができないからって、

どんどん執着ばかり増していく。


できるだけ早く手放したほうが身のためだよ。

一刻も早くにさ。


それができれば苦労はいらない。

だから関わらない。


関わらざるを得なくても、

心を動かさない。

淡々とやるべきことをこなすだけ、


「心を動かさない努力」


始めはそれが必要だけれども、

徐々にそれが当たり前になるはず、

所詮は時が解決するのだ。


「許す」ことができない。

それならばせめて「憎む」ことはやめる。


相手のためではない。


自分の心を守るために、

まずはそこから取り組むしかない。