勘違いしちゃいけない

f:id:tureture30:20200114231237j:image

 

苦しいよ。

もうここから逃げ出したいよ。

なんでこんな目に合うのだろう。

私だけ、なんでこんな目に、


「勘違いしちゃいけない」


世の中に苦しみはたくさん溢れているのだ。

それこそ想像もできないような苦しみも、

たくさん、たくさん、溢れている。


人はおめでたい生き物だから、

「他人事」ではなくて、

「自分事」になった途端に、

直面した苦しみを何倍にも感じる。


「まさか自分がこんな目に合うとは」

 

そうやって苦しみを遠ざけているけれど、

何十年も生きていれば、

そういうことの一つや二つはある。

統計的に見てなんの不思議もないことだ。


それを大袈裟に喚くものだから、

傷口は広がるばかり、


「いい加減にやめたらどうなの?」

 

自分をかわいそうな奴に仕立て上げることは、

そんなことをしたって慰めにもならないでしょ。


「かわいそう」


かわいそうなやつのままでいることがかわいそう。

自分で自分を哀れんでいるのだから、

その先に成長はない。


「負け組の条件」


別に無職だろうが、

病気だろうが、

体が不自由だろうが、

婚約者に逃げられようが、

犯罪者の子供だろうが、


そんなのは負け組ではない。


自分をかわいそうな奴だと思い込んで、

そこから這い上がろうとしない奴が、

そういう奴が負け組なんだよ。


「勘違いしちゃいけない」


高収入だろうが、

資産があろうが、

スポーツ万能だろうが、

素敵なパートナーがいようが、

名声を手にしてチヤホヤされていようが、


その立場にあぐらをかいていたら、

そこから先の成長はない。


現状に甘んじたらそこで終わり、

そこから手に入れられるものは、

死んだら全て消えてしまう少しばかりの優越感だけ、

 

努力し続けられる人が幸せなんだ。


そして、

努力が報われた時に、

人目も憚らずに大泣きできる人が幸せなんだ。

 

そういう人が、

本当に幸せな人、


「勘違いしちゃいけない」


幸せって、

自分の内側から湧き出てくるもの、

 

口をパクパクと開けているだけで、

誰かが運んできてくれるものではない。

 

どんなに恵まれていても、

どんなに苦しんでいても、

 

勘違いしちゃいけないのだ。