年上のお姉さま

f:id:tureture30:20200116235927j:image

 

「あいつはあいつは可愛い、年下の男の子」


可愛いかどうかは別として、

今回の私は年下の男の子、ではなくおっさんか。


少し年上の女性と、

小洒落たランチをしてきた。


小洒落たどころか、

ランチにしてはかなりリッチだった。

「この値段で飲み物は別か」と思いながらも、

一杯ずつお酒をいただく。


相手が年上のお姉さまだからだろうか。

少々背伸びするくらいが丁度いいのだ。

もともと年上に可愛がられるタチ、


お相手の見た目は可愛らしい。

抜けていてマイペースだけれども、

年上だからか、所々でリードをしたがる。


どうやら私は「面白い」らしい。

女性との会話にもだいぶ慣れたものだ。


共通の趣味の話、

お互いの趣味・趣向を理解しながら、

意外な一面に心を揺らす。


そんなひとときだった。


この先があるのかな。

女性の態度から気持ちを読み取る能力は、

自尊感情とともに喪失してしまった。


とりあえず次のお誘いはしてみたけれど、

返事はまだない。


他愛のないやり取りでつなぎとめている。

私も相手もこの先を決めかねているのだ。


今週末にはまた別の方との約束がある。

こういう駆け引きみたいなのって、

本当に向いていないな。


同時にやり取りをして、

そのうちの一人としか結ばれない。

誰とも結ばれないことだってある。


「とりあえず」なのだ。

「とりあえず」先に進みたいから動いている。


「とりあえず」会って、

「とりあえず」付き合って、

「とりあえず」結婚する。


結局はそういうものなのかな。


まあいいや。

きっかけなんてどうでもいい。

最後に幸せになることができれば、

なんだっていいのだ。