可もなく不可もなく

f:id:tureture30:20200120065710j:image

 

私があまりにも優柔不断で、

「とりあえず」という選択肢を持ち合わせていない、

理性ガチガチのこじらせ男だからだろう。


「可もなく不可もなく」


そういう恋人候補を目の前にして、

「誠実」と「不誠実」の差について、

考えを巡らせている。


「少し」を少し超えるくらいには年下、


まるで昔の私をみているような、

ど真面目で不器用な身持ちの堅い印象、

「裏切らないな」

そういう安心感がある。


だけれども、

「スパイス」というべきか、

面白味という点ではあまりない。


周りの女性から見た私は、

きっとこういう印象なのだろうな。

そういうお相手、


そんな女性が私に対して少し前のめり、


「優しくて誠実で話を聞いてくれる」

お決まりのやつだ。

 

私のいいところって、

きっと、それくらいしかないのだな。


次の約束をした。

先に進みたいとは思う。


意図して人を傷つけるようなことはしない。

そういう魅力のある人だ。


年上のお姉様か。

年下のお堅め女子か。

また不自由な二択を迫られる。


前回の選択は「どちらも選ばない」だった。

 

心から「好き」と思えた人との失恋直後だったから、

というのは多分にあるけれど、

「とりあえず」では選べない性格なのだ。


だけれども、

そろそろそうも言ってはいられないお年頃、

ブランクが長すぎるから経験を積むためにも、

先に進んでみたほうがいいことはわかっている。

 

さて今回はどうするか。


次に会うことでたまらなく好きになるということは、

経験上おそらくないだろう。

トキメキは初対面でほぼ決まるのだ。


だけれどもそんな出会いって、

10人と会って一人しかなかった。


あと10人に会うというのは、

気力的にとても無理だ。


そうなると、

選択肢から選ぶのかな。


だけれどもその先にあるものに、

私は心から幸せを感じられるのかな。

 

心から「好き」と思えないのに、

先に進むことって不誠実じゃないのかな。


そんなことばかりに思いを巡らせる。

また前と同じだ。

 

ヤキモキしていて、

「どちらからも選ばれない」ってこともある。

どちらも複数の相手と同時並行なのだ。

 

これだからアプリは向いていない。