それまでの価値観が一変してしまうような経験

f:id:tureture30:20200124065828j:image

 

私は2度ほど思い当たる。


一度目は19のとき、

二度目は30になって少ししたとき、


なんとなくだけれども、

もう一度くらいはそういうことがある気がする。


一度目は、

「自分の可能性を信じること」


二度目は、

「手放すこと」

 

それを学んだ。


三度目はどうなるのだろう。

この変化で私のこれから先の価値観は、

大きくその方向性を決する気がする。

 

予感は予感に過ぎないのかもしれない。

傷つくことになるかもしれない。

これから先の人生を諦めてしまうほどに、

 

良い方向に変わるといいな。

 

考えても仕方がないのだ。

それに至るまでは、

地道に生きるしかない。


病気か。

恋愛か。

あるいは別の何かか。

 

「このことだったのか」


それはその時になってみないとわからない。

あるいはその時にもわからないのかもしれない。

ずっと後になってから気がつくのかも、


とにかく今できることは、

自分を嫌いになるような行動をしないということ、


その積み重ねの中で起こる変化ならば、

きっと違和感なく受け入れることができるはず、


「もう若くはないな」


そう思っていたって、

人生は続いていく。

これから先はもっと若くはなくなっていく。


自分を嫌いにならないように生きること、

生きている実感を積み重ねること、


見えない何かに知らないうちに誘導されて、

実感もなく無為に時を重ねていく。


そんな人生は嫌だ。


どんなにそれが素晴らしいものであっても、

自分の生き方を委ねてはならない。


最後に責任を取るのは、

いつだって自分なのだから、


悔いのないように、

自分の人生を生きよう。

 

「それまでの価値観が一変してしまうような経験」

 

それを待ち望みながら、

それに期待はしない。

そうすれば自然と地道に生きていける。

 

漠然とした道標があるだけで、

人は前に進めるのだ。

 

ある曲の歌詞から、

「人は希望なしでは生きれないから、

みんな心のどこかで来世を信じている」