「爽やか」って何?

f:id:tureture30:20200201082931j:image

 

今年の目標として、

「爽やかで楽しそうに」

というものを掲げたけれど、

「爽やか」って何だろう。


「爽」


ゲシュタルト崩壊を起こしそうな文字、

アイスの「爽」はバニラ一択だ。


大辞林』によると、

①ほどよく冷たくさっぱりしていて気持ちがよいさま。

②はっきりしているさま。明快なさま。

③鮮やかなさま。見事なさま。

④いさぎよいさま。

らしい。


さっぱり、はっきり、いさぎよい、

どうやら後ろ髪をひかれてばかりの私とは真逆のようだ。


ある意味で割り切ることが必要なのだろう。

あまり期待しないから手放すことができる。


「爽やか」っていい印象だけれども、

実は非情な面があって、

線引きのうまい人なのかもしれない。


そうなると、

「爽やかな笑顔」って何だろう。


「察して」だったり、

「これ以上は踏み込まないで」なのかな。


誰にでもいい顔していたら、

いつかはボロが出る。


歯切れよく適度な距離感で、

うまく線引きして慣れあわない。


本人の心のうちはともかくとして、

そっちのほうが相手にいい印象を与えるのかもしれない。


私は良くも悪くも踏み込みすぎる癖がある。


抱えすぎない。

詰め込みすぎない。

やるべきことはきっちりやる。

そうやって余裕のある生活をしないといけない。


「爽やかな人」って、

「余裕のある人」なのかな。