写真は自分だけのもの

f:id:tureture30:20200202205938j:image

 

とある観光地でのこと、

 

無心で走っているかのようなランナーが、

ふと顔を上げると立ち止まって、

まるでそれが当たり前の行為のように、

スマホを取り出してシャッターを切る。

そんな姿を見た。


角を曲がった先で、

急に飛び出した城の優雅さに、

思わず心を奪われての行動だろう。


これから城の方に走っていくんじゃないの?

そうしたら近くでいくらでも写真なんて撮れるのに、

 

冷静に考えたらそうだ。

 

だけれども、

ランナーにとっては、

その「瞬間」が大事なのだ。


揺り動く感情、

理屈ではなく反応、

脳が瞬時に体にカメラを取り出す指令を与えた。

そして体は夢中でシャッターを切る。

 

「カシャ」

 

シャッター音を聞くと我に帰る。

そしてそのまま何事もなかったかのように、

続きを走り出す。

 

なんとも美しい姿だと思った。


シャッターを切るって、

「感情を閉じ込める行為」


アルバムはこれまでの歴史、

 

開くと当時の感情を呼び起こしてくれる、

まるでドラえもんのポケットから飛び出した、

魔法の道具みたい。


「写真は自分だけのもの」


いくら拡散して「いいね」をもらったところで、

シャッターを切る瞬間の感情は自分だけのもの、

 

その瞬間の高揚感、

それを大事にしたい。


ゴシップだってそうなのかもしれない。

 

シャッターを切る瞬間、

不正を暴いた瞬間や誰かの秘密を知った、

その瞬間の高揚感、

思わず夢中でシャッターを切る。

得も言えぬものなのだろう。


今は拡散のハードルが低いものだから、

高揚感も冷めやらぬうちに、

簡単に人の不幸を食い物にしてしまうこともある。


「功名心」って怖い。

 

一度立ち止まって考えてみなければならない。

 

「シャッターを切る」ことと、

「拡散する」ことはまるで別の行為、

全く違う目的のもの、

 

「誰かに認められること」


そこにしか自分の価値を見出せない、

そんな貧しい心の持ち主って、

自分で自分を認めてあげることが苦手なんじゃないかな。

 

だから人の評価が自分の評価、

誰かに認めてもらえて初めて、

自分を認めてあげられる。

 

「誰かに認められること」


写真の本当の価値はそこにはないよ。


シャッターを押す瞬間、

その時の高揚感よりも価値のあるものはない。


「写真は自分だけのもの」


ふと目にしたランナーが教えてくれたこと、

そのことはいつまでも忘れずにいたい。