周りの価値を下げることで自分が優れていると思いたがる

f:id:tureture30:20200206065436j:image

 

自尊感情が低いからって、

それを上げる努力をしないで、

周りを下げようとする人がいる。


「あんなのは大したことがない」だとか、

「昔は自分の方が・・・」だとか、

「誰だってできる」だとか、


そうやって自分の中で周りのことを下げたって、

周りから見たあなたは低いままだよ。


そのことを受け入れないと、

同じことを繰り返しては惨めになる一方、


自分を高めるよりも、

周りを下げるほうが100倍楽だ。

楽な方ばかりに逃げるからそうなる。


「自信を持つ」


それって簡単なようで難しいこと、


根拠に裏打ちされた自信だとしても、

その根拠には主観が含まれる。

客観的指標があったところで、

そこにも主観が含まれるから信じるには一苦労、


誰よりも自惚れて、

誰よりも卑下する。

自分のことってどうしてもそう見てしまう。


だから信頼できる人を作ることが大事、


良いことも悪いことも、

思ったままにはっきりといってくれる人が大事、


だから人は伴侶を求めるのかな。


いつだって隣にそういう人がいれば、

心の底から応援してくれる人がいれば、

自分を見失わなくて済む。


全くの他人から始まって、

お互いを好きあって、

そこから尊敬・尊重が生まれて、

「生きる」ってミッションに一緒になって取り組んで、

一緒にエンディングを迎える。


そんなシナリオを求めている。


周りの価値を下げないためには、

周りのことを信じる勇気が必要、

その入り口が伴侶なのかもしれない。


心から人を信じて、

心から寄り添いたいって思える。

 

血の繋がらない他人なのに、

決して裏切らない。

そう思える人、

 

そんな相手ってなかなかいないから、


だから一緒になるのだろう。

家族って自分を嫌いにならないための大事な重石、

 

人は自分一人では風見鶏、

それも悪くはないのだろうけれど、

 

重石がないと、

何処かで喪失感を抱えながら生きることになる。

 

自尊感情って厄介なやつ、

 

人はどうしたって自分を好きで、

同じくらいに自分を嫌いなのだ。