ノムさん

f:id:tureture30:20200213090553j:image

 

突然の訃報に驚いた。


選手としては戦後初の三冠王

通算歴代2位となる本塁打に打点、

キャッチャーをしながらの選手兼任監督

獲得したタイトルは数知れず、


監督としても超一流、

弱小球団を率いて種を撒き、

その数年後には全てのチームが日本一を経験した。

 

今やその教え子たちが、

球界各地で指揮をとっている。


訃報を受けた彼らは口々に言う。

「自分の野球人生で最も影響を受けた人」

 

このこと一つとっても、
球界に与えた影響は計り知れない。


「世界で一番『野球』を知っている人」

そう言って間違い無いだろう。


「ベースボール」ではない。

日本独自に進化した「野球」なのだ。


もともとルールは決まっていたけれど、

「投げたボールを打ちかえす」

そんな単純なスポーツ、

頭を使うだなんて考えは浸透していなかった。

 

配給を読んだり、

投手や打者の癖を分析したり、

クイックや投手分業を生み出したり、

時にはプライベートな揺さぶりをかける。

 

『野球』を頭を使うスポーツにした。

 

その第一人者、

「日本の現代野球を作った人」

そう言って差し支えないだろう。


私はヤクルトファンだ。

 

物心ついた時は、

「野村ヤクルト」黄金時代だった。


4位と優勝を繰り返す。

常勝ではない。

どこか魅力的なファミリー球団、

だけれども個性的で強いチームだった。

そんな姿に惹かれたのだろう。


多くのヤクルトファンは、

おそらくこの時期を経験している。

その姿を見てファンになった人は少なくないはず、


ノムさんが監督をしていなかったら、

人気低迷から球界再編の荒波を乗り越えることができずに、

ヤクルトスワローズという球団は存続していなかったかもしれない。


弱くても応援することをやめられない。

もはやライフワークの一つ、

こんなにもワクワクする球団を残してくれた。


そう考えると私にとっても恩人だ。


球春到来して、

各地でキャンプが始まっている。


恩師の訃報に涙を見せた、

そんな高津監督率いる今年のスワローズが、

どのような戦いで野村監督に応えるのか。

今から楽しみだ。


野村監督、


野球を愛して、野球と共に生きた人生、

本当にお疲れ様でした。

 

これからも天から球界を見守っていてください。

 

春の訪れと共に、

今年もプロ野球は始まる。