もう一度自分を魔法にかけることってできるのかな?

f:id:tureture30:20200215091658j:image

 

小さい頃は、

無限の可能性が広がっていて、

これから何にだってなれるって信じていた。


「幼稚な全能感」というやつ、


だけれども、

歳をとるにつれて、

徐々に魔法は解けていってしまうのだ。


「上には上がいる」


そうやって挫折して、

努力の限界を痛感して、

人生に折り合いをつけていく。


そういうことを繰り返していると、

そのうちに自分の可能性を信じられなくなる。


あれだけ、

「なんでもできる」って、

心の底から信じていたのに、


もう一度自分のことを、

魔法にかけることってできるのかな。


根拠のない自信を取り戻して、

ひたすらに努力を繰り返す。

そういう自分に戻ることってできるのかな。


「挫折は人を強くする」


「折れない自分」ではなく、

「しなやかな自分」に変わるから、


だけれどもそれって、

見方を変えれば妥協なんじゃないのかな。

大人になるってそういうことなのかな。


「振り返ればいい人生だった」


人は最後に自分を納得させる。

無理やりにでも納得させる。

費やした時間を否定したくないから、


人生ってその繰り返しなのかな。


後ろを振り返れば無数のしかばねが転がっている。

その中をここまで進んで来られたのだから、

自分の人生は上出来だった。

 

「人と比べる必要なんてない」って、

自分に言い聞かせながらも、

人と比べては一喜一憂して、


死の直前に至る境地って、

どういうものなのだろう。


どんな人生だって、

費やした時間の分だけ、

愛せるものなのかな。

 

「最後に後悔しない人生」


それを理想に掲げない人はいないはず、

結局、人は自分のことを肯定したいのだ。


その行動を、

その人生を、

そして費やした時間を、


それを否定してしまったら、

生きている理由がわからない。


感情に流されて、

不誠実な仕打ちをしたところで、

時間が経てばそれを肯定している。

 

「ご都合のよろしいことで」


みんな自分のことが大好きなのだ。


だから自然と、

気がつかないうちに、

自分に魔法をかけ続けているのかな。


魔法は解けているようで、

解けていないのだ。


大人になるにつれて、

より巧妙に自分を騙して、

魔法をかけ続けている。


生きるって、

とても辛いことだから、


「希望」


そういう名前のにんじんを目の前にぶら下げて、

魔法をかけ続けているのかな。


それを信じて走り続けていれば、

結果に関わらず「やり切った」と思えるはず、

 

そうやって自分を納得させる。
人生ってうまくできているのだな。