渇く

f:id:tureture30:20200221065552j:image

 

「不要不急の外出は控えてください」


それでも相変わらず通勤電車は満員だ。


誰もが不穏な空気を感じているけれど、

誰もが他人事、


大きなものに身を委ねすぎて、

考える隙間もなく、

同じことを同じように同じ場所で繰り返す。


「居場所がある」


それだけで満たされるのだ。

誰にも必要とされなくなることのほうが、

新型のウイルスよりも怖い。


正だか負だかもわからない、

そんなエネルギーをため込んでいても、

吐き出す先は多くはない。


「渇く」


吐き出す先のない気持ち、

内に秘めた熱に晒されて、

カラカラに渇く。


「渇く」


無機質な人間関係ばかり、

心に潤いが足りなくて、

カラカラに渇く。


心からの「愛してる」を、

囁きあえるような、

そんな相手を望み続けている。


それは近くに見えるけれど、

手を伸ばしても届かない。


はじめは必死に手を伸ばしていたけれど、

いくら臨んだところで、

簡単には手の届かないことがわかってしまった。


裏切られるたびに、

「またか」って、

傷つくと同時に胸をなでおろす。


カラカラに渇いているから、

少し心を動かすだけでも、

擦れてヒリヒリ痛む。


もう動きたくないのだ。


「渇く」


誰か私を潤してよ。

人知れず干からびてしまう前に、


誰でもいいから、

私の心を潤してよ。


オアシスを求めて彷徨い続けるのには、

もう疲れてしまった。