「愛があるんだな」って思ったこと

f:id:tureture30:20200223095541j:image

 

命にかかわるほどのものではないけれど、

父がしばらく入院している。


父に対していつも口うるさくやかましく、

文句ばかりを言っている母、


そんな母、


この前、帰ってみると、

「家にお父さんがいないと寂しい」って、

そうこぼしていた。


何年、何十年経ったとしても、

一緒に生活していれば気に障ることもある。

合わないこともある。


だからいつも口やかましくして、

時には何日も口をきかないこともあって、


だけれども、

お互いがそれを必要としている証拠なのかもしれない。

ある意味で言葉のスキンシップ、

お互いの存在を確認しているのだ。


相手に興味がなかったら、

文句も出てこないでしょ。


だから、

「愛があるんだな」って、

そう思った。

 

愛にも色々ある。
関係性はもちろん時とともに変わるだろう。


だけれども、

口やかましくしながらも、

自然と一緒に居続けられる。

何年も何十年も、

 

それにはお互いの努力が必要なのかな。


「婚活」ってやつ、


条件ばかりでお互いを判断するから、

少し嫌ところがあるとすぐに途切れてしまう。

それでは関係を深める余地なんてない。


「嫌いなところも愛せる」


そう思っていなくても、

気が付くといつの間にかそうなっている。


そういうのが、

「愛がある」ってことなんじゃないかな。


「恋」に恋したり、

「結婚」というものに恋したり、

相手がいないことの不安に押しつぶされそうになったり、

時にはその場限りの相手で不安を紛らわせたり、


そういう弱さに逆上して、

「不誠実だ」と目くじらを立てる私、

 

不誠実な女に対して、

過ちを懺悔し続けて、

不幸になればいいって、

そんなことを願っている。

 

一度は「好きだな」と思った相手に対して、

そんなことを思い続けている。

 

「そこに愛はあるんか?」

大地真央さんに一喝されそうだ。


「目の前の一人に誠実であり続けたい」

そういう看板を掲げて生きている。

 

人って弱いもの、

 

その「弱さ」まで含めて、

「いいよ」って包み込んであげられる。

そこを試されているのかな。


本当に好きになった相手には、

自然とそういうことができるんじゃないかな。


私には人を愛する資格がないのだ。

 

「裏切られてばかり」って、

被害者意識を持ち出して、

自分を愛することができていないのだもの、


自分の弱さを認めてあげる。

そういう基本的なことができていないのだもの、


大事そうに掲げている、

その看板を降ろしてさ。


思い切り自分を甘やかしてあげれば、

いいんじゃないのかな。


そんなロボットみたいに完璧な女性なんていないよ。

自分だってそうはなれないよ。

 

「弱さ」だってその人の魅力、

愛すべきもの、


人間だもの、

 

ますを