温もり

f:id:tureture30:20200302065936j:image

 

不意に触れ合う手と手、


触れた部分に意識を集中させながらも、

それに気がつかれないように平静を装う。

 

「触れた」


君に触れられて、

本当は嬉しいはずなのに、

素直にその気持ちを表現できない。


「温もりが欲しくて」


肩と肩とが触れ合った。

どこか君も距離を詰めたがっているみたい。


だけれども、

ひとかけらの勇気を振り絞れなくて、

その肩を抱き寄せることはできない。

 

時ばかり過ぎていく。

 

徐々にぎこちなくなる二人、

言葉の数とは裏腹に、

心の距離は少しも縮まらない。

 

歩幅の違いなのかな。

お互いの気持ちを信じられなくて、

体の距離まで少しずつ離れていく。


「確かに繋がっていたはずなのに」


揺れる。

触れる。

そして、離れる。


言葉だけじゃ足りないよ。

温もりを感じたい。


触れられなくてもいい。

隣に並ぶだけでいい。


それだけで、

温もりを感じられるから、


君の近くにいたい。

ただそれだけでいい。


だけれども、

もう君の心は、

他の誰かのもの、


代わりのもので暖をとっても、

僕の心は冷え切ったまま、


このまま凍えてしまいそうだ。

誰か温もりを与えてよ。


心が凍えて、

動かなくなってしまう前に、