教育機会を奪われることが問題だっていうけどさ

f:id:tureture30:20200303064958j:image

 

命の方が大事、

健康が大事、

それはごもっともだけれども、

別にそういう主張をしたいわけではない。

 

政府が一斉休校を要請したことで、

表題のような批判があるらしい。

だけれどもこれってもともとあったことでしょ。


「教育格差」


もう何十年も前から、

塾に通って勉強するか否か。

自主的に予習復習をするか否か。


そうやって格差は広がってきた。


すべての子がそうではないけれど、

塾で勉強している子は、

はっきり言って学校の授業なんて舐めてるよ。


別の勉強をしていたり、

睡眠時間に充てていたり、

先生をからかうことに躍起になっていたり、


少なくとも20年位前からそうだったはず、

私も舐めたガキだったクチだ。


教師の知人は割と多いけれど、

先生もそういうことにおもねっているよ。


成績を上げるよりも、

生徒の関心を惹くこと、


話を聞いていると、

今の先生たちにとっては、

そっちのほうがよほど重要みたいだ。


現場を見ているわけじゃないから、

あまり断定的なことを言うと怒られてしまうけれど、

「学校教育」の在り方って変わってきているんじゃないのかな。

 

Twitterから、

f:id:tureture30:20200303065036j:image

こういう素敵な先生もいるみたい。

 


「友達親子」


今の親子ってそういう関係性が主流なんでしょ。

先生だってそっちに寄ってきているはず、


中学教師の知り合いが言っていたけれど、

教室に入るたびに何か一発ネタを要求されるらしい。

それによって特に男子の対応が変わってくるそうだ。


堅物の先生は、

生徒から相手にしてもらえない。

もちろん私立の進学校は別かもしれないけれど、


「塾で勉強して学校は遊ぶところ」


是非は別として、

生徒たちの間でもそういう認識ができているんじゃないかな。

社会だって格差を受容しつつある。


だから社会の関心が、

「教育機会の喪失」よりも、

「育児負担の増加」に向くのは、

当たり前なのかもしれない。


「日本大丈夫か?」って、

そういう警鐘を鳴らしたい気持ちはわかる。

私だってほぼ毎日思っているよ。


だけれども、

時代がそれを求めて、

そう動いているのだから仕方がない。


「学歴」よりも「創造性」


今はまだ走りだけれども、

これから先はそうなっていくんじゃないかな。


だから、

「授業ができない」=「教育機会の喪失」ではない。


お勉強は確かに大事、

学歴はある程度の年齢までは、

割と使える「保険」にはなるから、


だけれどもいくら高学歴でも、

社会からあぶれる人はいくらでもいる時代、


30も過ぎてくると、

「学歴」や「肩書」よりも、

「経験」や「人脈」のほうが100倍大事、


曲がりなりにも10年以上社会人してきて、

おじさんはそう思うよ。


友達たくさん作って、

好きな人と付き合ったりフラれたり、

たくさん傷ついて楽しんで、


行きたいところにたくさん行って、

いろんな経験をして、

その時にしかできないことを思いきり楽しんで、

 

こうなってしまったからには、

もちろん外出はダメ、

はじめに述べたように、

命、健康は大事、


だけれども卒業式ができないとか、

不要不急の外出を控えるとか、

私からすれば教育機会の喪失よりも、

そっちのほうがよほど当事者にとっての損失に思う。


「今しかできないこと」


その機会の喪失に他ならない。

 

お勉強は家でだってできる。

大人になってからだってできる。

 

それに授業のあるなしは関係ない。

勉強するしないは自己責任だ。

今はもうそういう時代、


子供たちが青春を謳歌できるように、

早く騒動が収まるといいと心から思う。