男の人が怖い

f:id:tureture30:20200307155202j:image

 

そう言っている女性がいた。

私は女の人が怖い。


人はわからないものに惹かれると同時に、

わからないものを恐れるのかな。


そういうことはあるのかもしれない。

 

だけれども、

私の理由はおそらくそれだけではない。

たくさん傷つけられたから、

おそらくそっちの方だ。


これ以上傷つきたくないから、

だから関わる事が怖い。

 

求めたところで、

受け入れられない事が怖いから、

だからもう近づかない。


始まりがなければ終わりもないのだ。


遠くから眺めているだけでいい。

「綺麗だな」って眺めていればいい。

そうすれば綺麗なところしか見なくて済むから、


汚いところのない人なんていない。

どこかでそれを嫌悪する自分がいる。


私は自分のそういうところにも、

とことん向き合ってきたつもり、

人に対してもそれを求めてしまっているのかな。


だからズルさを野放しにして、

甘い蜜に群がる虫を捕食する様に、

人を道具のように都合よく使う。

そういう女がたまらなく嫌いだ。


綺麗な女性って、

そんなのばかりなのかな。

いや、男も同じなのだろう。

 

だから、

「男の人が怖い」

そういうことになる。

 

やはり男と女は違う生き物、

だからこそ「男」だとか「女」だとか、

そういう括りで見てしまう。


私は女性が怖いのではない。

若くて綺麗な女性が怖いのだな。


「人を食い物にしている」

きっと偏見が拭えないのだろう。


どこかで引け目を感じて、

受け入れてもらえるはずなどないと思っているのだろう。

 

そして、

偏見で相手を遠ざけることで、

自尊心を保つのだろう。

 

「恋愛対象」


そういう目的でしか、

女性を見ていない。


怖いのは、

若くて綺麗な女性ではないな。

 

本当に醜くて恐ろしいのは、

私の心なのだな。


女性を道具のように見ているのは、

私なのだな。

 

どうやら投げたブーメランが戻ってきたみたい。

 

さて、

これを受け止めるか。

これを受け流すか。


何だかもう消えてしまいたい。