褒め上戸

f:id:tureture30:20200309212752j:image

 

「お酒を飲むとどうなるんですか?」


先日デートをした時のこと、

お相手から不意にそう聞かれた。


少し考えて答えた。

「やたらと周りにいる人を褒めるようになるかな」


相手の女性は答える。

「なにそれ?最高じゃないですか」


そうしてその翌日から、

彼女は音信不通になったのだけれども、

 

「褒め上戸」

 

別に良く思われたかったわけではない。
振り返ってみるとそうなのだ。


会社でもそう。

友人ともそう。

私は酒が入るとやたらと褒める。


普段はどれだけ褒めそびれているのかというくらいに、

やたらと褒めている。


私はリアル「コウペンちゃん」か。

人によっては馬鹿にされていると思うのかな。


おそらく私の得意ゾーンは、

40代から60代だ。


男女問わず、

やたらと気に入ってもらえることが多い。


女性でも、

年上のお姉さまとは、

うまくやっていけるのだ。


パートナーとして意識しないからなのかな。

それとも私が若い子に気兼ねしているのかな。


お酒を飲むと本性が出るっていうけれど、

それならば私は「嫌われたくない」って、

そういう思いが強いのかもしれない。


だから先手を打って、

相手を褒めることで自分を認めてもらいたがるのかな。


見方によっては「いいやつ」

だけれども私は誰よりも私のことを知っているから、

だからネガティブな発想しか出てこないな。


だいぶ自意識を捨てられたつもりでいたけれど、

「嫌われたくない」

まだまだそう思っているのかもしれない。


上から目線だと嫌われるし、

下からだと舐められる。

女性との接し方って難しい。


だけれども、

意識しなければ関係を築けるのだ。


うまくいかないたびに、

自尊感情を傷つけられて、

若い女性に対する苦手意識が植えつけられるのかな。


はっきり言って女性が怖い。

若くてきれいな女性が怖い。


「友達の延長線」


最初の彼女はそうやって付き合った。


そう思えればいいのだけれど、

この年までこじらせて、

うまくいかないことばかりで、

「またうまくいかないのかな」って、

そういう自信のなさが伝わるのかな。


いくら上辺だけ取り繕っても、

女性の目から見れば、

腐れ童貞のこじらせ魔法使い男だって、

バレてしまうのかな。


するべき時にするべきことをしてこなかったから、

それも受け入れるしかない。

そして克服するしかない。


自信がなくて卑屈で、

女性が怖くて、

そんな男をパートナーにしたいと思う女性はいないのだ。