出会った順番でいくらでも関係性は変わる

f:id:tureture30:20200311054727j:image

 

ドラマ『知らなくていいコト』


「後から出会ったってだけで、

この気持ちを汚いもののように見られたくない」


そうやって不倫を肯定する愛人、

それに共感する同じく不倫に興じる主人公、


そりゃそうだけどさ。


「結婚」って契約行為、

愛がなくなっても責任は残るのだ。


大人になるって、

そういうことなのかな。


いや、何があっても自分で責任を取ること、

契約行為を破ったら法は守ってくれないのだ。


気持ちに正直に生きて、

後悔することってたくさんある。

もちろん逆も同じくらいある。

 

正直に生きられなくて、

後悔することも、


だから結局は誰からどう思われても、

自分のしたことに責任を取ること、

 

それが大人になるってことなのかな。

これは確か前にも同じことを書いた気がする。


自分にとっての世界で一番素敵な人よりも先に、

世界で二番目に素敵な人に出会うかもしれない。


そうした場合は、

その二番目の人を一番だと思うかもしれない。


そして結ばれた結果、

その後に一番の人に出会うこともある。


そうなったときに、

自分の心を押さえつけて、

それ以上、気持ちが動かないようにする。

最悪でも行動には至らないようにする。


それが社会のルールに則ると正しい行為、


人生って後悔の連続だから、

「なんでこの人と…」って、

そういうケースは多いのだろう。


それでも適齢期のうちに結婚したがる。

周りから遅れたくないから、

 

それって本能なのかな。

超自我に支配されていないかな。


チャンスを逃し続けている私が言うのもなんだけど、

結婚のために相手を探すのって、

なんだかむなしい気がする。

1年間続けてみてそう思った。


「本当に自分に合う人と出会えたならば、

相手もきっと同じように感じてくれる。

だからとんとん拍子にうまくいく」

 

よく言っていただける、

そういう既婚者の未婚者に対する優しさを、

とことん鵜呑みにしてみよう。

 

それと同時に、

そろそろ私も真剣に考えないといけない。

一人で生きていく道について、


これからお互いがたまらなく惹かれる相手に、

出会えるかもしれないけれど、

出会えないかもしれない。


「出会った順番でいくらでも関係性は変わる」

 

「運命の人」ってもしかしたら、

既に出会っていたのかもしれないけれど、

もう既にその人は誰かと一緒になっていて、

チャンスを逃し続けた私には、

これ以上チャンスは巡ってこないのかもしれない。


「もういいかな」

最近漠然と浮かんでくる言葉、

 

否定しなくていいところまで否定して、

なんだか自分がとても無価値に思えてくる。


「縁のない人生なんだ」


ほとんどゼロからいろいろと動いては見たけれど、

そういう覚悟を決めたほうが幸せになれるのかな。


それでも前に進まなければならない。

陽はまた昇るのだ。

そして沈むのだ。

 

命尽きるその日まで、

その繰り返しが続いていく。

 

うまくいかないことばかりに目を向けて、

それに引きずられても仕方がない。

 

状況はあまり変わらないけれど、

心境はだいぶ変わった。

 

「やるべきこと」をそろそろ見直したほうがいいのかもしれないな。

 

私が変わらなくても、

周りは変わるし、

周りから見た私も変わるのだ。