モザイク

f:id:tureture30:20200312062742j:image

 

モザイクがかけられていて、

大事なところが見えないのだ。


いやらしい話ではない。

人の心の話、


下心を隠して近付く。

表には心にもない「好き」

 

そういう時に限って、

それはもっともらしく聞こえてしまう。

 

それを武器にして心を掴もうとする。

そういう奴もいる。


だけれども、

心からの「好き」


何度も喉元まで上がって来ても、

なかなか体の外に出てはくれない。


「好き」


大気を震わせて、

あの人の耳まで届いたら消えてしまう。


形には残らない物だけれど、

言葉には「重さ」がある。


大気中をふわふわと漂っているくせに、

「ずしり」と、のしかかる。


人の心だけが感じる事のできる。

そんな「重さ」


その「重さ」を感じる事ができない。


それってモザイクのかかった世界で、

その中で生きているようなものなのかな。

 

ふわふわと漂って、

本人だけは幸せなのかもしれないけれど、


心からの「好き」を、

言葉に乗せて伝えることって、

裸を見せるようなものなのかな。


どこも隠されていない、

無防備なままで、

相手と向かい合うってことなのかな。

 

傷つくことを恐れるほどに、

なかなか表には出せない。

 

きっと心ってそういうもの、