不倫を叩く心理

f:id:tureture30:20200319063109j:image

 

不倫騒動の渦中にある、

東出昌大氏の会見、


とても誠実に見えるけれど、

どこか芝居の延長線上みたい。


妙に白々しく感じたのは私だけだろうか。


まあ性欲をコントロールできなかった結果だ。

人間的に未熟だったことは間違いない。


誰に対しての気持ちかはともかく、

反省していることは間違いないのだろう。


会見を見て初めて知ったのだが、

お相手の唐田さんは『凪のお暇』に出ていたあの子か。


とても健気でかわいそうな役柄だった。

「自分なら凪ちゃんよりもこっちの子を選ぶのに」

そう思いながら見ていた。


現実のほうでも残念な結果、


人の不倫に興味はないので、

背景やら経緯は知らないけれど、

こういうタイプで売っていての不倫は致命的、


「不倫した女」って、

イメージは一変する。

そうやってたくさんの美女が失脚してきたものだ。


だけれども、

そもそも不倫で損をする人って、

当事者くらいでしょ。


まあ、表の顔という虚像に踊らされて、

「ファンだったのに裏切られた」ってのはあるか。


それを考慮しても、

世間の不倫に対する風当たりって、

実害に比べて大きすぎる気がする。


おそらくその正体って、

「自分はルールに従って生きているのに」って、

そういう僻みからくるもの、


ルールを守っている自分が損をするから、

「ルール」が形作る世界を脅かすから、


ルールの世界で生きている人は、

ルールを破る存在を排除したがる。


それが過剰な嫌悪感の正体なのだろう。


ルールに守られているくせに、

ルールを守らない、

社会はそういうタダ乗りのフリーライダーが嫌いなのだ。


だけれども、

もしも「結婚」という契約行為に、

「不貞行為禁止」という制約がなかったら、

そして社会的に制裁を受けなかったら、

自分も不倫するの?


「する」


そう答えるならば、

何で結婚したんだろうね。


「しない」


そう答えるべきでしょ。

いや「答える」ではないな。

そうあるべきでしょ。


「何年経っても、何十年経っても、

一人の相手とともに歩んでいく」って、

形ばかりでもなんちゃら式でそう誓ったのだろうから、


それだけの思いがあって、

結婚したんじゃないのかな。


結局は個人の人間性の問題、


「ルールを守れない奴はクズ」


世間はそうやって叩くけれど、

そういう問題ではないのだ。


「結婚は恋愛の終着点」


もうこれ以上、

恋で悩まなくてもいい。


私はそういう結婚を望んでいるから、

もがき苦しんでいるのだけれども、

世間の価値観って違うのかな。


倫理観だとか、

相手の感情だとか、

自分の気持ちだとか、

そういうものを気にしすぎて貞操を守り続ける。


そういう私みたいなのも、

それはそれで問題だけれども、


おそらく私は「不倫」と対極にある存在、

それが良いのか悪いのかはわからないけれど、

そうやって少しは「いい人」アピールでもしておくか。


性欲をコントロールできているのかといえばそうでもない。

ただチャンスを逃し続けている臆病者ってだけなのだけれども、

 

「いい人」はどこまでいっても「いい人」で終わってしまう。