小賢しいと居場所を見つけにくい

f:id:tureture30:20200325091439j:image

 

私はおそらくバカではない。

そしておそらく「小賢しい」部類に入るのだろう。


私のような「小賢しい」チームに属する人間は、

居場所を見つけるのに苦労する。


変に同調圧力を嫌悪して、

損をしないように「搾取」に敏感になる。


群れて集団の中に埋もれることを厭うくせに、

人から尊敬を集める才覚があるわけでもない。


ささやかな自分だけの城があればいい。


だけれどもそこに閉じこもっていると、

人肌恋しくて何かに属したくなる。


何とも厄介なものだ。

はっきり言ってめんどくさい。


交友関係は広いほうだ。

休日に予定のないことが珍しいくらいには、


だけれどもこういうことになると、

途端に予定がなくなる。

 

飲み会がない。

婚活できない。

ジムにも行けない。

街に遊びに行く気にはならない。

図書館すらやっていない。

連絡を取っても「会おう」とはならない。

 

ない。ない。ない。

予定がない。


「自粛」という名のハードル、


それを越えてまで敢えて会うほどの、

深い関係の友人がいないということだろうか。


「居場所」って、

誰かといればいいってわけではない。


スケジュール帳とにらめっこして、

隙間がないことで満たされる自尊心、


そういうものの軽薄さだとか虚しさ、

今回のことでそれを学んでしまったな。


「自粛」という名のハードル、


そんなものは気にもしないで、

自然と一緒にいることを選択できる人、


横着や不用心ではない。

細胞が、心が、

自然とそういう選択をする相手、


私にはそういう人がいないのだ。


それって、

とても寂しいことなのだな。


私の居場所って、

どこにあるのだろう。


誰の心の中にあるのだろう。

 

異世界にでも召喚されて、

合成素材でも集めながら、

伸び伸びと自然の中で生を実感する。

そんなスローライフを楽しみたい。

 

ジョブは赤魔道士みたいな器用貧乏がいい。

赤魔道士はまさに私みたいだ。

決め手のない器用貧乏、

 

やることがないからって、

アニメの見過ぎかな。