努力中毒

f:id:tureture30:20200326065224j:image

 

とても印象に残る一言、

 

某元アイドルさん、

「努力は必ず報われる。

私の人生を通してそれを証明します」

 

私にもそう思っていた時期はあった。

若いうちは臆面もなくそういうことを言えるのだ。

実際にそれを心の底から信じているのだろう。


だけれども、

「自分は努力している」


そう思って生きている時点で、

もはやそれは自己満足だ。


夢や目標があるから、

それを叶えるために、

当たり前のことを当たり前のようにやり続ける。


そういう人がきっとうまくいく。


努力って報われないことのほうが多いから、

「自分は努力している」って、

そういう自意識が生まれてしまうと、

見返りを求めるようになる。


「こんなに努力しているのだから報われるべきだ」って、

報われないほどに負の感情は積もっていく。


それでも努力して努力して、

報われることもある。


そうすると今度は過剰な自尊心との戦いになる。


「自分は優れているんだ」って、

努力して成功を掴み取ったんだって、

「傲慢」と「謙虚」の間で揺れる心を飼い慣らす日々の始まり、


「成功したから努力は正しいんだ」

かたや、

「努力が足りないから報われないんだ」

 

努力に傾倒しすぎると、

成功してもしなくても、

「努力中毒」になる。


「努力していないと自分を認めてあげられない」って、

「努力していないと生きている価値がない」って、

そうやってブレーキが壊れてしまうのだ。


悲しいことに、向上心が高く、

自分の人生と向き合っている人ほど、

「努力中毒」になりがち、


これってある種の病気なのだ。

努力していないと不安になる。

依存症の一種、


心の声に耳を傾けてごらんよ。


見通せない未来ばかりに思いを馳せたところで、

どうなるかはわからないよ。


明日には死んでいるかもしれないし、

1年後に人類は滅びているかもしれない。


それならば、

今の欲求に対して努力をすればいい。


やりたいことってあるはずなのに、

それに蓋をしてやりたくないことばかりをすることで、

「努力する」ために「努力する」


そうすれば、

「とりあえず」は居場所はあるから、


そうすれば、

「とりあえず」は自分の価値を認めてあげられるから、


何もしていない。

前に進んでいない。

そんな自分が許せない。


怖いんだよね。

居場所を失うことが、


努力することで、

「とりあえず」確保している、

居場所を失うことが、

 

f:id:tureture30:20200326065811j:image


だけれども人の価値って、

そんなものでは決まらない。


「自分らしさを発揮すること」


それができていれば、

あなたがこの世界にいる価値はあるんじゃないかな。


「自分らしさが分からない」って?


まずは「心の声に耳を傾けること」


先の未来じゃなくて、

今やりたいことを自分の心に聞いてあげること、


抱えている責任は最低限果たしながらも、

その心が発した欲求を叶えてあげること、

その積み重ねで自分を認めてあげられるんじゃないかな。


誰から認められなくてもいい。

自分だけは自分を認めてあげる。


忌々しいほど不遜に生きる。


きっと「努力中毒」のあなたには、

それくらいがちょうどいいはず、


努力が報われたところで、

心からの笑顔は出てこない。

出たとしても一瞬で消えてしまう。

 

次の努力の対象を探すことばかり考えてしまうから、


「努力中毒」って、

ホント病気なのだ。


「努力すること」は大事だけれども、

「努力すること」が人生の目的ではない。


最低限必要な努力って、

「大切なものを守る努力」

それだけでいいのだ。


努力した結果、

自分を殺してしまっては意味がない。


努力はほどほどに、

使いどきを間違えずに、