曇っているな

f:id:tureture30:20200331062636j:image

 

ここ最近の私の心を、

空模様で表現すると「曇り」だ。


決して晴れ間は覗かない。

かといって雨が降っているわけでもない。


そう、曇りだ。


時折どこかでゴロゴロと雷の音が聞こえる。

くすぶった感情を発散することもできずに、


だけれども雨は降らない。

いっそのことすべてを洗い流してくれればいいのに、


気持ちを発散できる場所、


年を取るにつれて、

そういう場所はどんどん減っていく。


雨に打たれたい。

冷たくて大粒の土砂降りの雨に、


「私はこんなに惨め」って、

そんな感傷に浸ることができるから、


あまりにもふがいない時って、

自分を痛めつけたくなる。


自分のことを嫌いで嫌いで、

許してあげることができないから、

 

だから、

「痛み」を免罪符にして、

許されようとするのだ。

 

そして、

この痛みを忘れないようにって、

「痛み」を体に刻み込むのだ。


「自分が許せない」


結局はそういうことなのかな。


少しばかりの不誠実さをいつまでも許せない、

そんな自分を許せないふがいなさ、


私がナルシストで、

理想の世界を持っているものだから、

その美学に反するものを許せないだけ、


駄々をこねている子供と同じだ。


自身の暴力性と向き合うって、

自分でその醜さをあぶりだすって、

とてもつらい作業、


ふと空を見上げると、

今日も曇っているな。