器を大きくするということ

f:id:tureture30:20200403061925j:image

 

理不尽な目にあっても、

さほど心は動かなくなった。

主張すべきことは主張するけれど、


結局は自分に力があるかどうか。


権力や小手先の技術ではない。

人間力」って名前の力があるかどうか。


擦り切れて心が麻痺してしまったのだろうか。

それとも「少しのことでは傷つかない」

そんな強靭さを手に入れたのだろうか。


そのどちらかはわからないけれど、

あまり周りの目ってやつを気にしなくなったのだ。


「器の大きさ」


人の善意も悪意もたくさんため込んで、

それを消化するから味に深みが出る。

人間味という味に、


少しばかりの善意や悪意しか受け止めないで生きていると、

薄味の人間になってしまう。

 

たくさん喜ぶことで、

たくさん傷くことで、

コクのある深い味わい。

そんな味を手に入れるのだろう。

 

私はそんな生き方を続けたい。


誰のためでもない。

自分のために、

自分の理想のために、


たくさん傷ついて、

病気までして、

たくさん助けられて、

支えてもらって、


私の器には入りきらないだけの、

たくさんの気持ちを迎え入れたから、

少しは器が広がって大きくなったのかな。


裏技なんかない。

 

きっと地道に心を動かして、

善意や悪意を心で消化していく。

それが器を大きくする唯一の方法なのだ。


気が付いていないだけで、

世の中はたくさんの善意と悪意であふれているよ。


それを受け止めるのも、

受け流すのも自由、


急に受け止めすぎたら壊れてしまうし、

受け流しすぎたら、

幸せを掴むチャンスまで逃してしまう。

 

だから受け止められる容量を増やすのだ。

たくさんの気持ちを理解するために、


それがきっと、

「器を大きくする」ってこと、


もうこれ以上、

チャンスを逃して傷つきたくないな。

だけれども傷つくことも器を大きくするチャンス、


どうやら世界は、

「幸せになる」か「成長する」か、

そんな素敵な二択でできているみたい。


捉え方次第だ。

こんなに素晴らしい世界ってないな。