自分の人生を生き切る覚悟

f:id:tureture30:20200406062347j:image

 

私のことをひどく傷つけた人がいる。

そして私がひどく傷つけた人がいるかもしれない。


いつだってそう。

被害者は「傷」をいつまでも覚えているけれど、

加害者は「傷つけたこと」を時とともに忘れてしまうのだ。


「都合の悪いことは消えていく」

人間の脳はご都合よくできているもの、


だけれども、

ふとした時に思い出す。

そして自分の不誠実さに愕然とする。


そんな瞬間がある。


傷つけても、

傷つけられても、

まともな人間ならば、

どこかに「負い目」を背負うことになる。


人って虚しいもの、


大事に思っていても、

自分の不安や欲望を抑えられずに、

誰かを傷つけて、

大事に思う気持ちによって、

誰かに傷つけられて、


生きるって、

その繰り返しだ。


負い目があっても、

癒えない傷があっても、

「生きる」しかない。


生きて、生きて、生きて、

「生きる」しかない。


自分の人生は自分のもの、

誰かが代わりに生きてくれるわけではないのだ。


そして同じように、

人の人生はその人のもの、

自分が代わりに生きるわけにはいかない。


どんなに大事に思っても、

どんなに負い目を感じても、

死を願うほど憎んでも、

自分の人生は自分のもので、

人の人生はその人のもの、


それを変えることはできない。


それならば、

覚悟を決めないといけないな。


傷ついても、

負い目を抱えても、

自分の人生を生きる。


そんな覚悟を決めないといけないな。


「関わりたくない」


そう思うことは仕方がないけれど、

それを「憎しみ」の糧にしてしまったら、

誰かに引き摺られた人生になってしまう。


私は私の人生を生きるのだ。

きっとその覚悟が足りなかった。


少しずつでいい。

私は私の人生を生きる。


「憎しみ」に支配された人生なんて、

もう嫌だ。