処女こじらせ女

f:id:tureture30:20200408060320j:image

 

このフレーズを書いて、

真っ先に思い浮かぶのは、

ドラマ『逃げるは恥だが役にたつ』で、

石田ゆり子さん演じる主人公みくりの叔母だ。

最後はだいぶ年下のイケメンと結ばれたな。

 

仮に私が「30代処女こじらせ女」で、

私のブログタイトルが「30代処女こじらせ女の記録」だとしたら、

おそらくアクセス数は今の倍以上になるだろう。


それだけ「童貞」と「処女」の価値は違うのだ。


はじめに断っておくが、

いい年して相手に処女性を求めているわけではない。

あくまでも「どちらかといえば」と言う程度だ。


だけれども、

私に結婚を考えてお付き合いする相手ができたならば、

例え相手の年齢がいくつであっても、

「処女」の方がいいと思う。


それは私が未経験だと言う補正もいくらかあるだろうけれど、

世の男性には少しはこの気持ちがわかると思う。


しかし逆はどうだろう。

「どちらかといえば」であったとしても、

結婚相手は「童貞の方がいい」と言う女性は稀ではないだろうか。


どこかでうまい例えを見たことがある。

 

「一度も陥落していない城は頼もしく見えるが、

一度も城を落としたことのない兵士は頼りない」

 

なるほどと思った。

これが世の中の感覚なのだとすれば、

「童貞」には価値がないのだ。


「処女」は捧げるものだけれど、

「童貞」は捨てるもの、


この価値観の違いってなんだろう。


男には求められる男の役割があって、

それを果たせないと恥ずかしい存在なのかな。


ジェンダーフリーなんて形ばかり、

結局は多数派が求めるものに価値がある。


なんだか虚しいな。


だけれども、

去年の夏に好きになった女性、


私が「もう10年以上も彼女がいないよ」って、

「だけれどもその分、一途だよ」と言う言葉を付け加えてカミングアウトすると、

「えー、何それいいじゃん。いっぱいデートしようよ」

って、

そう言ってくれた。


それから「いっぱい」どころか、

一度もデートをすることなくフラれたのだけれども、


ただの口から出まかせだったのかもしれないけれども、

「そう思ってくれる人もいるんだ」って、

前向きに捉えるしかないのかな。


こじらせすぎて辛いよ。

 

だけれども、

ないものはないのだ。

 

「ありのままの私を丸ごと受け入れてくれる女性」

 

そんなものに憧れを抱いているうちは、

うまくいかないのかな。

 

コンプレックスと向き合うのって辛いこと、

だからそれを肯定してくれる相手を探したがる。

 

だから私は童貞なのだ。