惨めさの象徴

f:id:tureture30:20200406225357j:image

 

「原則出勤は禁止」

 

これで私の一番のストレス要因を遠ざけることができる。

このひと月でそれは私にとって良い変化を生み出すのかな。

 

なんで私があのクソ女をここまで憎んでいるのかというと、

彼女が私にとって「惨めさの象徴」だからだ。


向こうは「嫌われている」とは思っていても、

「死ねばいいのに」と思うほど憎まれているとは思っていないだろう。


私の女性関係がうまくいかないたびに、

「憎しみ」は積み重なる。


あの子には全く関係のないことでも、

あの子の上に少しずつ積み重なる。


そして気がつくと、

私はあの子を「惨めさの捌け口」として使っているのだ。

 

だから些細な不誠実さやバカさを目にするだけで、

どうしようもないほどイライラする。


「いい迷惑」


向こうからすれば完全にいい迷惑だな。


二股をかけるようなクズだ。

あからさまに避けたり、

かと思えば媚びてきたり、

取り巻きに言いふらして私の評判を下げようとしたり、

いちいち神経を逆撫でてくる。

 

衝動的で思慮が浅く極端な行動、

そのくせ価値判断の基準は周りと同じかどうか。


見た目だけはいいから、

おたおたしていたら誰かが何とかしてくれると思っている。

そうやって生きてきたのだろう。


もはや何をされてもイライラする。

存在自体がストレスなのだ。


それでも、

死ねばいいと思うほど憎いなんてどうかしている。

 

「憎しみ」って、

こじらせると怖い。

 

こんなに人を嫌いになったことはない。

こんなに人に苦しめられたこともない。

こんなに人に傷つけられたこともない。


それは私にとって彼女が特別だったってこと、


だからこそ、

「惨めさの象徴」

好意が叶わない、

その反動で嫌悪感が生まれる。


もう既婚者だ。

正直どうでもいい。

こんなにイライラする理由なんてない。


きっと私の幼稚な正義感がそうさせる。

「あんなことをしておいて幸せそうにしやがって」って、


自分の掲げてきた主義に反するものが、

幸せそうにしているのが許せないのだ。


きっとそれだけ、

 

きっかけはあの子でも、

ここまでこじらせたら、

もう私のせいだ。

 

f:id:tureture30:20200406225825j:image


「幼稚な正義感」


それを捨てることができれば、

この「憎しみ」からは解放されるのかな。


ある意味では試練だ。

昔から私には独善的なところがある。

 

「自分が正しい」って合理性を盾にして、

それを相手に押し付けるところがある。


そして今の私の価値観では、

それは私自身の嫌いなところでもある。


乗り越えられるかな。


「三つ子の魂、百まで」


そう言うけれど、

まだまだこれからでも、

変わることはできるのかな。


「運命」ってやつは本当に嫌なやつ、


弱点ばかり責めてくる。

コンプレックスばかりを刺激してくる。

いつまで向き合えばいいのだろう。


「もうやめてあげて!ますをのライフはゼロよ!」


そうやって身を挺して止めに入ってくれる、

そんな素敵な女性は現れるのかな。


結局はあのクソ女が、

私のことを「不安を解消するための道具」にしたように、

私も彼女のことを「惨めさの捌け口」として使っているのだ。


「惨めさの象徴」


それを遠ざけようとするから、

いつまでも目の前から消えてくれない。


そろそろ幼稚な正義感を手放して、

大人になる時が来たのかな。

 

私が私ではなくなってしまっても、

新しい私に生まれ変わらなければならない。


「どんな形であれ、

好きだったあの子が幸せならば、

それでいいじゃないか」


たまにドラマとか映画で出てくるあれ、

 

本当にそんな聖人はいるのかな。

いるとすればきっと素敵な出会いと別れを、

幾度となく経験してきたのだろうな。

 

そんな「心がイケメン」


それは私にはどうしたってなれないもの、

これから先に「幾度となく」なんて、

もう経験できないだろう。

 

もはや手遅れなのだ。

恋愛ってもっと経験してくるべきものだったのだ。

私にはそれが足りない。

 

だけれども、

とりあえずは、

手持ちで勝負するしかないのだ。

 

例え敗色濃厚だとしても、

それが私の生きてきた道なのだから、