単身者たちを応援したい ~コロナに負けるな④~

f:id:tureture30:20200417071359j:image

 

一日中、一人で家にいて、

気が付くと夜を迎える。

そんな日が増える。

 

イベントは中止、

楽しみな予定は全て白紙、

恋人たちはなかなか会うことができない。

 

人との接点はメールやチャットだけ、

案外仕事って人と会わなくてもできてしまうのだな。

 

最近結婚したあいつらは、

「不安だ」と言いながらもどこか楽しそう。

 

「二人でゆっくり過ごす時間がとれてよかったね」

 

皮肉を込めたつもりはないけれど、

そんな皮肉めいた返事をしてしまった。

 

どうして自分には、

こんな時にいっしょにいてくれる相手がいないのだろう。

 

「あの時にああしていれば」

 

一人の時間だけはたっぷりあるものだから、

そんな無駄な後悔が頭をよぎる。

 

だけれども、

孤独に耐えることって、

これから先にたくさんあること、

 

「誰かが隣にいてくれないと生きてはいけない」

 

そんな自分だったらきっと、

誰かといっしょになってからも、

相手に寄り掛かるだけになってしまう。

 

「自立した個人同士がいっしょになる」

 

足りないから支えあうのではない。

それぞれが一人でも幸せだけれども、

「二人ならもっと幸せ」だと思えるから、

だからいっしょになる。

 

そういう関係の方が、

あなたには合っているんじゃないかな。

 

だから今の期間は一人で生き延びて、

たくさん「孤独」を吸収して、

「一人でも幸せなんだ」って、

そう胸を張って言える自分になる。

 

そのための期間なのだ。

 

それで遠ざかる縁ならばいらない。

それに共感してもらえる縁を引き寄せるのだ。

 

「結婚したい病」を治すにはいい機会、

英気を養って、

いざと言う時に機を逃さない自分になる。

 

「幸せ」をつかむ人って、

よほどのクズはともかくとして、

誰といっしょになっても「幸せ」を感じられる人、

 

逆に「幸せ」を逃す人って、

誰といっしょになっても不満の尽きない人なのかもしれない。

 

自分で自分に制約をつけて、

少しでも気に入らないと切り捨てて、

それって「自信がない」ってことの裏返し、

 

「一人で生きていく自信」

 

いつまで続くかわからない。

こんなにも「孤独」と長く向き合う期間、

それが培ってくれるんじゃないかな。

 

だから負けるな。

単身者たち、

コロナに負けるな。

 

私も、負けるな。