デジタルに支配されているな

f:id:tureture30:20200502101625j:image

 

今日から5連休だ。

だけれどもあまり嬉しくない。

こんな感覚は初めてかもしれない。

 

もちろん騒動により、

外出もできなければ、

指したる予定もないということは大きいだろう。

 

だけれどもここ最近テレワークなものだから、

メリハリがないのだ。

 

仕事に支障はない。

 

そうやって音楽を聞いたり、

アニメを流したりしながら仕事をしている。

 

そんな調子で自由に働いているものだから、

出勤する日は身構えるようになった。

 

毎日当たり前のようにしていたことなのに、

出勤するだけで、

なんだか特別なことのように思える。

 

まだ一ヶ月も経っていないのに、

働き方って大きく変わるのだな。

 

最も大きかったストレスから解放されて、

それはそれで嬉しいことなのだろうけれど、

なんだか私の感性はバカになってしまったみたい。

 

最近の記事には如実に現れているけれど、

心に浮かんでくる言葉が極端に減った。

 

人のことや作品のこと、

そればかり書いていて、

自分のことを書いていないのだ。

 

私のブログのテーマは、

「私と世界との関わり方」だ。

環境が変われば心も変わってしまうのかな。

 

人との触発で、

心を動かされる。

 

映像や音声では限界がある。

どこか無機質なのだ。

 

「情報」という目的のみを抽出して、

それ以外は濾過されてしまう。

 

そのフィルターに残されたところに、

「生と生との触発」があるのにね。

 

どうやら便利にするために、

それを無造作に捨ててしまうみたい。

 

「デジタルに支配されているな」

 

今の生活を振り返って、

なんだかそう感じる。

 

人とは触れ合わず、

画面とばかり向き合っている。

今回の騒動で、

それはより顕著になった。

 

きっとこれからの世の中って、

どんどんそっちの方向に進んでいくのだろうな。

 

「生身に触れたい」

 

少し前から話題になっていて、

動物と触れ合うカフェが人気みたいだけど、

それってそういう欲求から来るものなのかな。

 

「癒されたい」

 

だけれども、

デジタルでは人の心は癒えないのだ。

 

濾過されてしまったものばかりに囲まれて、

大事なところを捨てることに躊躇しなくなって、

 

そんな世界で生きていく。

私にはそういう覚悟を持つことはできないな。

 

ストレスと感じる相手とは関わりたくない。

そのくせ、人とは触れ合いたい。

なんとも身勝手なものだ。

 

だけれども、

その身勝手さも人間、

 

そうやって心広く構えることができれば、

不便な世の中でも楽園に変わる。

 

「便利じゃないと生きていけない」

それって進化なのかな?

 

テクノロジーの発達とともに、

人は退化していくようだ。

 

そう感じているのは私だけだろうか。

 

映画『ターミネーター』や『マトリックス

そういう世界に近づいているのかもしれない。

 

便利になればなるほどに、

失われるものもあるのだ。

 

使い古された表現だけれども、

人って「不完全だから互いに支え合う」

その漢字は「人と人とが支え合っている」

 

もちろんテクノロジーが発達しても、

インフラを管理したり、

事務作業に従事する人がいたり、

見えないところで人と人とは支え合っているのだけれども、

 

「なんでも一人でできてしまう」

 

そういう世の中って、

本当に便利なのかな?

 

なんでも一人でできてしまっても、

なんだか心は不自由だな。