結局は「べき論」から抜けだせない

f:id:tureture30:20200511070650j:image

 

長い時間をかけて作り上げてきた。

「自分のやり方」という名前の「システム」


私なりに価値観をアップデートしてきたつもりだ。

 

だから「常識」だとか「一般的」

必要以上にそういう言葉に縛られることは少なくなったけれど、

どこまでいっても「システム」からは抜け出せないのだ。


「嫌悪」によって、

「怒り」や「憎しみ」は生じる。

 

「こうするべき」

「こうあるべき」


そういう言葉を避けることで、

「システム」を拡張してきたけれど、

いくら拡張したところで、

私の作り上げた「システム」であることに変わりはない。


私の根底には、

私が私であるための「核」があって、

それを礎にして、

「自分のやり方」というシステムを組み上げている。


その「核」は私自身、

おそらく「無意識」と呼ばれるもの、

それは簡単には手出しできないもの、


「三つ子の魂百まで」というけれども、

生まれ持った性質、

生まれた環境によって左右されるもの、

 

そういうものってあるのかもしれない。

 

結局、私の中にある理想や信念、

そういうものが私を支配している限り、

私は「べき論」から抜け出せないのだ。

 

歩み寄る努力によって、

互いを尊重することは可能だけれども、

心の中までは変えられない。

そして我慢するようになる。

 

そうした結果、

イライラやモヤモヤに囲まれて生きるならば、

そんなものを大事を抱えていないで、

もっと自由に生きればいい。

 

人と会う機会が極端に減ったけれど、

それで自由を感じるのならば、

きっと今までの生活におかしなところがあったということ、

 

今回の騒動はそれに気が付くチャンスでもある。

 

何の不満もなくて、

何一つ不快にならない。

 

そんな関係はありえない。

 

個々の環境で育まれて、

それぞれに理想や信念が生まれて、

「自分のやり方」って名前のシステムを作り上げている。

 

誰かと一緒になるって、

そのシステムを再構築しないといけないのだ。

 

同じ時を過ごしてきたわけではないのだから、

システムをそのまま流用するなんてできない。

 

理想や信念、

そういうものを徐々に差し出しながら、

スポイルされて生きる。

 

どんなに「自分」を殺しても、

どこかで「自分」は生きていて、

イライラやモヤモヤは澱のように溜まっていく。

 

そして徐々に歪みが生じる。

それでも自分を殺し続けていると、

神経がおかしくなってしまう。

 

「こうするべき」

「こうあるべき」

 

私から生まれるそういう感情を、

ここしばらくは嫌悪してきたけれど、

その中にこそ「私」の本質があるのかな。

 

「価値観が劇的に変わるような出来事」

 

これまでに思い当たる限り、

2度ほど経験しているけれど、

それでも私の「核」たる部分はそう変わらない。

 

だから積み上げるしかないのだ。

たとえ土台が不安定であっても、

今あるものの上に積み上げるしかないのだ。

 

どんなに割り切ったつもりになっても、

土台は変わらない。

 

言葉や態度を変えることはできても、

心まで変えることはできない。

 

「大人の対応」というオブラートで包み込んだところで、

「嫌い」なものは「嫌い」だし、

イライラもモヤモヤも出所は自分自身、

 

変わったように見えても、

変わったつもりになっていても、

どんなに言い回しを穏やかに変えても、

これまでの人生を捨てることはできない。

 

どんなに大人しく黙っていたところで、

これまで過ごした時間や経験、

それによって作り上げてきたシステムが雄弁に物語る。

 

結局は本質的なところで、

人は「べき論」から抜けだせないのだ。