「命を守ること」ばかり叫ばれているけどさ

f:id:tureture30:20200519062735j:image

 

命は大事なものだ。

それは疑いようのないこと、

 

だけれども、

「命を先延ばしすること」ばかりに躍起になって、

「命の使い方」にはほとんど言及しない。

 

「使命感」

 

そんな一言で言い表せるものではないのかもしれない。

 

リスクに身をさらして、

それでも歩みを止めない人たち、

世の中にはそういう人たちがたくさんいる。

 

わざわざ海水浴場まで出かけて、

「なんで自粛していないんですか?」ってさ。

 

そういう報道をしている暇があったらさ。

 

直接話を聞くことは難しいだろうけど、

テレビに出ているコメンテーターのお医者さんたちからだとかさ。

聞いてみればいい。

 

どういう思いで現場は動いていて、

どういう立場の中で働いている人がいて、

どうすればその人たちの生活を守れるのか。

 

医療現場だけではない。

商業施設だって、保健所だって、建設現場だって、

鉄道だって、警察消防だって、

普段よりも何倍も気を使いながら動いている。

 

そういうことをもっと報道すればいいんじゃないのかな。

 

「命の使い方」

 

なんだかんだで人は、

「誰かの役に立っている」と実感したい。

少しでもそれを実感できることで「居場所」が与えられる。

 

そしてその輪は広がっていく。

必死な姿はそれに触れた人の活力になるのだ。

星野源さんの始めた活動がいい例だ。

 

だから不信感を助長するような報道ばかりしていないでさ。

 

偏向でもいい。

「感動ポルノ」って馬鹿にされてもいい。

励ましあえるような報道ばかりをすればいいんじゃないかな。

 

私は自粛している側だけれども、

自粛しない人を道化にして、

自粛を促すようなやり方は好きではない。

 

だから「命を守ること」

それも大事なんだけどさ。

 

「命の使い方」

それに目の向くような方法ってないのかな。

 

自粛、自粛ってそればかりだからさ。

みんな何をしたらいいかわからないんだよ。

 

「とにかく家にいればいいんだよ」って、

それでは人は満たされるわけがない。

 

だから何か触発を受けるような、

そういう方向性ってないのかな。

 

私は元がネガティブな人間だから、

どうにも不満ばかり溜まってしまう。

ましてや独り身だから尚更だ。

 

先に進んでいないような、

そんな感じ、

それを少しでも軽減できればいいのにと思う。

 

「命の使い方」

 

それを実感できるような方法って、

何かないのかな。