人生、先に進みすぎると生きる気力がなくなってしまう

f:id:tureture30:20200521080128j:image

 

「生きる力」というものは、

個によって大きく差の出るものなのだろうか。

 

ずいぶん昔に記事にした、

抑うつリアリズム理論」ってやつ、

tureture30.hatenadiary.jp

 

もう2年近く前のものだ。

その時の私は「知るか」と一蹴している。

 

だけれども、

生まれたときには「生きる力」に個人差はなくて、

現実を知るたびに徐々に気力を損なわれていく。

 

そういう考え方をすれば、

あながちこの理論は間違いではないのだろう。

 

難しいことを考えれば考えるほどに、

将来への希望を見出せなくなる。

 

「案ずるより産むがやすし」

 

多くの物事はその通りなのだけれども、

行動を制限されて考える時間ばかり増えると、

思考の迷路に迷い込んでしまう。

 

先日記事にした二階堂奥歯さん

tureture30.hatenadiary.jp

 

彼女は生きてきた日数よりも多い冊数の本を読んでいたらしい。

 

その結果、

「ここまで苦しい思いをして生きるに足る理由がない」と結論付けて、

若くして自ら命を絶った。

 

なんだか今の私はおセンチなのかな。

 

「労働者に考える時間を与えない。余計な知恵をつけるから」

 

古代ギリシャかなんかの方針だったと思うけれど、

「使われる側」

そういう立場で多くの人が生きてきたのが、

人類の歴史なのだろう。

 

それから時を重ねて、

現代は飛躍的に「自立」を求められるようになった。

 

自分で考えて、

自分で手足を動かして、

自分で生きる道を見つける。

 

f:id:tureture30:20200521080818j:image

 

少しネットにつながれば、

成功者の体験談は腐るほど出てくるし、

そういう人達はあたかも扇動するように持論を振りかざす。

 

選択肢は何百倍にも広がったのだ。

だけれども選択肢を選んだ先は自己責任、

 

ネットの世界、

だれも責任など取ってはくれない。

 

だから「自立」のために、

各々が興味のある情報にアクセスする。

 

どこかで聞いた話だけれども、

直近2年間で生まれた情報量が、

これまで人類の蓄積してきた情報量の90%を占めるらしい。

 

「昔はゆっくりと時間が流れていた」

 

そりゃそうだろう。

触れる情報量が違う。

 

情報に触れるたびに、

脳は取捨選択を迫られるのだ。

おそらく脳の構造は100年前と大して変わらないのに、

 

情報のシャワーを浴びて、

それを処理し続けて、

常に時間に追われて生きている。

 

だから「マインドフルネス」だとか、

ある意味では「ワークアウト」や「ランニング」

そういうものに夢中になるのだ。

 

我々は進みすぎているのかもしれない。

 

子供は子供であることを放棄させられて、

「甘えるすべ」を知らないまま大人になる。

アダルトチルドレン」ってやつだ。

 

大人は大人で、

大人になれないまま親になり、

「居場所」を確保すること以外に興味はなくなる。

 

そうしてそんな大人が子供を育てる。

悪循環ってやつだ。

 

通勤電車に揺られる様は、

まるで狭い水槽の中で養殖されている魚みたい。

一様に死んだ目をしていて、

口をパクパクする代わりに下を向いてスマホを眺めている。

 

もはや、記号の集まりだ。

自分以外の人を人と思う余裕すらないのだ。

 

「画面の先にある人間関係」

 

そればかりが肥大化して、

人の痛みに対して鈍感になる。

 

「人の生」に対して鈍感になると、

「自分の生」に対しても鈍感になる。

 

いまの高齢者ってさ。

人にもよるけれど「長生きしたい」って、

「生」に対する確かな欲求を感じる。

もちろん健康ありきなのだけれど、

 

だけれども、

我々や下の世代が年を取った時に、

同じように「生」への欲求を持ち続けられるのかな。

 

なんだか私はそう思わない。

早くにこの世のことを知った気になって、

達観した気になって、

必要以上に「生」にしがみつかなくなっているような気がする。

 

そう感じるのは私だけだろうか?

 

それって「生物」としては間違いなく退化だ。

だけれども苦しみから解放されるという意味では進化なのかな。

 

人類はいったいどこに向かっているのだろう。

 

抑うつリアリズム理論」

 

2年前は「終末思想などくだらない」と主張していた私、

どうやらだいぶおセンチなようだ。

 

早く人のぬくもりに囲まれながら、

たくさんのぬくもりに触れながら、

生活をしたいものだ。