「テラスハウス事件」に思う。プライベートを切り売りするということ

f:id:tureture30:20200527074443j:image

 

「あいのり」は見ていたが、

テラスハウス」は見ていない。


ネットで少し調べた程度なのだが、

テラスハウス」に出演していた女性が、

誹謗中傷を苦にして命を絶ったという。


「プライベートを切り売りする」


ブログだってそういう面がある。

プライベートを晒すことで興味を引き、

自尊心を高めたり利益を得たりする。


それを自覚しているのであればいい。


だけれども無自覚にプライベートを晒して、

気が付くと後戻りできなくなっていたら悲惨だ。


そもそも私のように、

利益を目的としないでブログを書いているのって、

「承認欲求」が強いのだろう。


もともとの気質なのか。

それとも傷ついた経験によるものなのか。

それは人によるけれど、

 

晒すことで名前が売れるってことはあるだろう。

仕事の一環としてやらされていた可能性もある。


テラスハウス」出演に報酬が発生するのかは知らないけれど、

「真実の愛を求めて」っていい年した大人がそれはない。

相手を探すならばプライベートを晒さないやり方はいくらでもある。


「承認欲求」


それの強い人って、

「晒されること」ととても相性が悪い。


「認めてほしい」から敢えて人目に付くのに、

「認められない」ことによってさらに損なわれてしまう。


「認めてほしい」

だからプライベートを晒すのに、


「認められない」

それどころか存在を否定される。


なんとも「いたたまれない」ものだ。

 

もちろん人をおもちゃにして、

面白おかしく笑いものにする。

そんなクズは論外だ。

 

誰かの存在を否定することで、

自分が誰かの上に立っていると錯覚する。

そんな下の下の自尊心の満たし方、

それに夢中になっているクズ、


番組の在り方を問う声が多い。

 

同意があるとはいえ、

人のプライベートを食い物にする商売、

確かにそれにも問題はあるのだろう。

 

だけれども、

「出演者の自覚」

それが一番の問題なんじゃないかな。

 

亡くなった女性はいわゆるヒール役だったらしい。

叩かれることで存在意義を見出す役回りだ。


台本はないというけれど、

人が集まればパズルのピースのように役割にはまっていく。

コミュニティが作られれば、

人はその中に「居場所」を作るために役割を演じるのだ。

 
そしてその役割には、

共感する人もいればしない人もいる。


それが不特定多数に晒されるのだから、

どのような振る舞いをしても批判を浴びるのは必然だ。


だから晒す情報は取捨選択してさ。

その晒した部分については「叩かれてもかまわない」という覚悟が必要、

「プライベートを晒す」ってそういうことなんじゃないかな。

 

f:id:tureture30:20200527075101j:image


「不愉快ならば見なければいい」

 

ごもっともな意見だけれども、

そもそも「見せなければいい」

見せなくてもいいものを自分の意志で見せているんでしょ。


顔も仕事も名前も出して、

不特定多数に晒して、

それで何とも思わないなんてどうかしている。

リスクとリターンを考えなければならないんじゃないかな。

 

今回の事件は「いたたまれない」

 

だからプライベートを晒すって、

リスクの高いことなんだって、

改めて認識しないといけないんじゃないのかな。


「承認欲求を満たすこと」

 

それは人生に彩りを添えるために必要なことだけれども、

それにばかり軸足を置きすぎてはいけない。


人からの評価が「自己存在のすべて」

それはとても恐ろしいこと、

 
自分で夢中になれるものを見つけて、

その一つ一つに可能な限りの力を注ぐこと、

柔軟な取捨選択も必要だ。


そうやって「自分」を形作っていくんじゃないかな。

 
仕事だけじゃない。

趣味だけじゃない。

家庭だけじゃない。

 
夢中になれること、

それをいくつも増やして隙間の時間を埋めていく。

 
そしてかけるべき時にかけるべきものに、

惜しみなく時間や労力を注ぐ。

とても難しいことだ。

 

だけれども、価値観の多様化によって、

そんな超人的なバランス感覚が求められている。


「これだけしていれば大丈夫」

そんな保証はどこにもないのだ。


社会が先に進みすぎて、

その変化を血肉にしていかないと取り残されてしまう。

 
互いが互いを監視して、

ほとんどの国民はいつでも不特定多数に情報を発信できる、

そんなツールを常備しているパパラッチだ。

 
死ぬまでのんびりできない。

そんな社会になってしまった。


番組が人気って、

それを社会が求めているってことでしょ。


社会が止まらないならば、

人がそれに合わせて変わるしかないのだ。

そうしないと淘汰されてしまう。


「プライベートを晒してもなんとも思わない」


それってもしかしたら進化なのかな。

そう進化しないとこれから先は生きられないのかな。

 
デジタル難民、

テレワーク難民、

情報難民、

 
そして肥大化した自己承認欲求に支配されて、

失われた自尊感情を求めて彷徨う、

そんな「自尊感情難民」

 

ある種の格差は広がる一方だ。


いくら社会保障が充実したところで、

難民は増える一方、

 

だからこそ自分の身は自分で守らなければならない。

 

逃げ道は常に確保して、

何かあれば見栄もプライドも捨てて、

全力で逃げ出せばいい。

そうしないと生きてはいけない社会なのだ。