幸せになるためのスタート地点

f:id:tureture30:20200615062634j:image

 

お金ってものは「保険」


世界中のすべての人たちが、

「その日暮らし」に夢中になって、

必要以上にお金を増やすことや、

将来に向けての貯蓄を止めたら、

幸せの総量は増えるのだろう。

 

少なくとも「今この瞬間」は、

多くの幸せを感じられるのかもしれない。

 

それを少しばかり蔑ろにして、

人は「将来の不安」にばかり思いを馳せるのだ。


「今日一日を笑って過ごせればいい」

「明日のことは明日考えればいい」

それでいいじゃない。


「不安」が「幸せ」を蝕むのだ。


将来のことばかり考えて、

見えない敵と闘って、

そうして疲弊してしまう。


「人間なんていつ死ぬかわからないんだよ」

『君の膵臓をたべたい』がそんなテーマだったな。


私は将来に備えすぎているのかな。

少なくとも「お金」の面ではそうなのだろう。

 

記事にしたばかりだけれども、

私は老後にばかりお金をかけている。


「その日暮らし」って、

今の私と対極にある言葉だ。


「満たされない」


何も「パートナーがいないから」じゃなくて、

「今を生きていない」から、

だから満たされないのかな。


もちろん後先考えずに、

果たすべき責任を果たさないで「その日暮らし」

それでは愛想尽かされてしまう。


だけれども、

「毎日が楽しくない」って、

それはそれで問題なんじゃないかな。


「老後のために生きているの?」

老後なんてないかもしれないのに、


「将来築くはずの家庭のために生きているの?」

結婚できるかどうかもわからないのに、


色々なものを掴み取ってきたから、

それを掴み取れないと、

自分を認めてあげられないのだ。


先に進む努力をしていないと、

自分を認めてあげられないのだ。


「何のために生きているの?」


誰かと比べて優越感に浸るために生きているの?

全ては自分を飾る装飾品で、

ステータスを得るために生きているの?


「制約を増やしてそれを守ることが努力」


そんな努力を続けていないと、

自分を認めてあげられないのならばさ。

 

掲げた理想なんて捨ててしまって、

ちゃんと幸せを感じられる日々を送るところから始めればいい。


スタート地点はそこなんじゃないかな。


どうやら私は私のことを、

信じてあげられていなかったみたいだ。


「生きるってことは、人と心を通わせるってこと」

『君の膵臓をたべたい』の中での印象的な一言、


私にはどうしても心を通わせたくない相手がいる。


「惨めさの象徴」

まずはそこから手を付けなければいけないのかな。


これをどうにかしないと、

おそらく私はここから先、

ずっと妥協することができなくなる。

 

自分をだますこともできない。

存在するかもわからない100点満点のパートナーを求めて彷徨う、

そんなリビングデッドであり続けるのだ。

 

その先に望む未来があればいいけれど、

十中八九は八方塞がり、

 

たとえ許しがたい不誠実さが根っこにあって、

心から許すことができなかったとしても、

まずは枝葉を切り落とすところから始めないと、

 

いい加減に手放してあげないと、

誰も幸せにならないのだ。