今日いよいよプロ野球が開幕する

f:id:tureture30:20200619060520j:image

 

久々の野球記事、


3か月近く遅れて、

いよいよプロ野球が開幕となる。


従来の143試合から23試合短縮しての120試合、


セ・パ交流戦オールスターゲームは中止、

クライマックスシリーズは中止の見込みとなる。


無観客から始まり、

順調であれば徐々に観客を増やしていくという。


選手への影響は大きい。

体調の面はもちろんのこと記録の面でもそうだ。


筆頭に挙がるのは、

史上最年少での2000本安打を伺う巨人の坂本勇人


予定通りに開幕すれば十分に可能性はあったが、

7月29日までに残り116本、

順調に日程を消化してもリミットまで40試合に満たない。

達成は絶望的だ。


ヤクルトの村上宗隆にしても、

歴史に残るペースで量産する本塁打

その記録に少なからず影響はあるだろう。


そしてヤクルトのレジェンド石川雅規

40歳のシーズンを前にして171の勝ち星を積み上げている。

200勝の大記録に届くかどうか。


NPBに限るとあの山本昌さん以来の達成となる。

活躍するとメジャーへ行く傾向は根強い。


NPBのみで200勝」

石川を除くと今後二度と出ない記録かもしれない。


今年減った23試合、

ざっと4試合の登板機会を失うことになる。


「石川ならばあと5年はできる」

そういう声は多い。


逆境からの粘りが持ち味の石川、

そのスタイルを同じようになんとか達成してほしい。


6連戦の続く過密日程、

降雨による延期もある。

情勢によりいつまた中断せざるを得ないかはわからない。


だいぶ後ろ倒しにしたけれども、

無事に日程を終えられる保証はない。


それでも野球を始めるのだ。

ファンに元気と勇気を届けるために、


私はガチなヤクルトファン、


バレンティンが抜けた上にさしたる補強はなく、

今年の下馬評は悪いものの、

楽しみな存在が群雄割拠している。


投手陣には、

ゴールデンルーキーの奥川恭伸をはじめとした、

即戦力と呼び声高い新人たち、


野手も昨年ブレイクした村上宗隆を筆頭に楽しみだ。


ムラはあるものの10本塁打を放ち、

ショートの守備力をつけてきている廣岡、


2軍の帝王で相変わらずオープン戦は絶好調だった塩見、

「きんにくん」の愛称で長打を見せつける中山、

2年目の濱田も力をつけてきている。

そして非凡な打撃センスを見せるルーキーの武岡、


高津新監督がどう指揮を執るのか。


現役時代はメジャーのみならず、

韓国、台湾リーグを経験、

独立リーグでは選手権監督を務めた。

2軍監督として3年間指揮を執り、

多くの選手を育てるムードメーカー、

1軍では初の監督も色々な野球を経験してきている。


下馬評が低く、

監督の交代した年のヤクルトは強い。


そんなジンクスがある。

加えてイレギュラーなシーズン、


こういう時のヤクルトは意外とやる。

私は上位に食い込むのではないかと期待している。


ともあれ、

本当に開幕できるのだ。

そのことが嬉しい。


私のここ最近の欠落感は、

プロ野球」がなかったことも少なくないのかな。

いつもならば速報を見ながら一喜一憂する毎日、

(ここ最近は憂うばかりなのだけれども)


そんな日々がようやく始まるのだ。


チケットはおそらく争奪戦、

難しいかもしれないけれど、

今年もファンクラブには入会している。


今年は無理かもしれないと思っていたけれども、

順調に行けばもしかしたら見られるかもしれない。


最近は減ったけれども、

それでも毎年数試合は球場に足を運んでいる。


今年も1試合くらいは現地で参戦したいものだ。