「損をしたくない」がモンスターを生む

f:id:tureture30:20200630061903j:image

 

このようなご時世だから、

様々な批判はあれど政府は手厚く支援策を打ち出している。

 

もちろん十分な人、そうでない人、

それぞれだ。


代表的なものが給付金、

個人や企業に対して国が税金から援助をする。

忘れてはいけないのは「税金から」という事、

 

今後のバラマキを声高に公約としている人がいるけれど、

目の前に現金チラつかせて票を集めたところで、

その先にも責任を取ってくれなければ、

シワ寄せは納税者に返ってくる。


新しいことを始めれば、

どこかに必ず抜け穴は生まれる。


そういうものを利用して、

「不正」に得をしようとする輩、

そのせいで社会は性悪説で動かざるを得なくなる。


「誰にも迷惑をかけていない」


いや、社会を悪くしているんだよ。

悪用された実績が積み重なるから、

手続きは複雑になる。


極端な話だけれども、

社会が完全に性善説に舵を切るならば、

申請なんてせずにお年玉をあげるみたいに、

「はい、どうぞ」ってポチ袋に入れてあげればいい。

方法が現実的ではないのはわかっている。

あくまでも例えだ。


本当に困っている人が、

各々の良心に従って、

必要だから給付金を申請する。


本来はそういうものでしょ。


「損をしたくない」


実体のない幽霊企業や、

亡くなっている人の分や、

かんぽ生命が話題になったけれど、

全然関係ない収入減を理由にしたりだとか、


そういうのって、

ある意味では人の不幸に付け込んで、

それを食い物にする。


そういうことなんじゃないかな。


「10万円の給付金」


日本在住なものだから、

私のところにも申請書が届いた。


浮かれる気持ちはあるけれども、

その使い道はちゃんと考えないといけないのかな。


現時点での収入減は10万円に届かないけれど、

長い目で見ればおそらくそれ以上に収入は減る。

だから申請をする。


そう考えているけれど、

生活に困窮しているわけではない。


ある芸能人なんかは、

給付を受けてそれを寄付するという。


かたや「風俗に5回行ける」なんて、

そんなことを言う人もいる。

お金を払って敢えて他人と濃厚接触するのだから世話はない。


「貯金するのは良くないかな」って、

そう思ってはいるけれど、

こういう時に物欲がないと困るもので、

欲しいものは「愛」くらいしか思いつかない。


とりあえずは、

テレワーク設備充実のために、

先日買い換えたパソコンの費用となるのだろう。

 

家計簿をつけているから実感するけれど、

目に見えて支出が減った。

ということは経済が回らないということだ。


そうなると回りに回って収入に響く。

デフレスパイラル」というやつだ。


株価は依然好調、

投資家たちのマネーゲームが活況なのか。

不況を見越してインデックスへの積み立てが増えているのか。


いずれにしてもまともじゃない状況、

これから格差はますます広がるのかな。


「損をしたくない」


人は損をすることが苦手な生き物、


「もらえるはずなのにもらえなかった」

例えズルをしたとしてもね。

 

そういうものが許せないのだ。


だから権利ばかり主張して、

視野を狭めて人の気持ちを蔑ろにしたり、

全体のことを考えられなくなる。


長い目で見たら軽率な行動で、

返って損することも少なくないのにね。


話題になったころにはもう遅いんだよ。


マスクだって、

仮想通貨だって、

きっと得をしたのは先行した一部だけ、


自分の才覚を過信しないでさ。

地道にコツコツやればいいんじゃないのかな。


「損をしたくない」


その感情を飼いならした先に、

本当に価値のあるものが見えてくるのかな。