7月を迎えて思うこと

f:id:tureture30:20200701080219j:image

 

去年はこの日に、

「6月のことを振り返ってみる」という記事を書いた。

tureture30.hatenadiary.jp

 

幸せだったからだろう。

 

その出会いを振り返って、

その幸せを噛み締めていた。

 

だけれども、

今年は「未来」にしか興味がない。

 

6月にあったことといえば、

在宅から出社が始まったことくらいだ。

 

ストレス要因に晒されていることもあるだろう。

なんだか少し調子は良くない。

 

ここ数年の殺人的な暑さ、

 

もともと夏は得意な方だったけれど、

4年前にパニック障害を患った時から、

自律神経がバカになってしまったものだから、

すっかり夏が苦手になってしまった。

 

毎年この時期だ。

 

一昨年は急病で入院した。

去年はうまく行かなかった恋の後、

それでもがむしゃあに動き続けて、

めまいで起き上がれずに救急車を呼んだこともあった。

今年は無理をしないように気をつけないと、

 

大きな病気なんてしたことはなかった。

おかしいのはここ数年だ。

 

去年は散々検査したけれど病変はないらしい。

おそらく自律神経のほうだ。

 

「私の体はいつまでもつのだろう」

そういうことを考えながら生きるようになった。

 

もう元に戻ることはないのかもしれないな。

そうやってみんな死に向かって歩みを進めているのだ。

 

私が今の私になる前と、

今の私になった後では、

世界の見え方は大きく変わってしまった。

 

「元に戻ること」はできないけれど、

「より良くなること」はできる。

 

そんな言葉を言い聞かせながら、

ここまで歩みを進めてきた。

 

そう。

ここまで来たのだ。

 

自分のことも、

周りのことも、

見えなかったものがクリアになって、

そのことへの戸惑いに苦しんできたけれど、

その苦しみに無駄はなかったのかな。

 

幸せに向けての、

明確な結果は出ていないけれど、

結果の出ないこともまた、

私の人生なのかもしれない。

 

ガムシャラに生きてきた。

一日の密度は前とは比べ物にならないほど、

 

キャリアは割と順調に積んでいるし、

ガチな筋トレから有酸素運動主体に切り変えて、

体はだいぶ絞れてきた。

 

日々、知識を溜め込みながら、

それを私なりにアウトプットし続けている。

 

「生き急いでいるのかな」

そう思うことが増えた。

 

うまくいかない「恋愛」

それが私から地面に根を張って、

あまり遠くに行き過ぎないようにしてくれているのかな。

 

自分が結婚して、子供がいて、

そういう姿って全くイメージできなかったけれど、

 

不思議なことにここ最近は、

自分の子供と楽しげに遊ぶ姿が、

ふと浮かぶことがある。

 

これは良い兆候なのかな。

 

脳が渇望して、

そのようなビジョンを作り出すのかな。

 

「眠れない夜」

 

少し増えてきたけれど、

そいつともだいぶ仲良くなってきた。

 

自分を認めてあげられたのかな。

自分のことを愛してあげられているのかな。

 

私は良くやっている。

誰からどう言われようとも、

私は善くやっている。

善く在ろうと思いながら生きている。

 

涙が出てきそうなので、

今日はこれくらいにしておこう。