男尊女卑依存症

f:id:tureture30:20200705114929j:image

 

ある記事で目に付いた言葉、


「不倫や痴漢の動機」


その半数以上は、

性欲をコントロールできないのではなく、

支配欲からくるものとのこと、


「女のくせに」


女性の社会進出が顕著になり久しいが、

いまだにそういう風潮はある。


「女性は容姿で採用している」


公言はしていなくても何となくわかる。

社員からはそう揶揄されるような企業も少なくないだろう。


病理はやはり、

「人を道具として見ている」ということ、


私のブログにたびたび登場する。

もはやサブテーマになりそうなくらい書き続けている言葉、


目の前にいる人は、

自分と同じ生身の人間、

それは画面越しでも同じこと、


人がどんどん「記号」になっていく。


積みあがる数字にばかり心を奪われるから、

他人の心にまで考えが及ばなくなってしまうのだ。


私は基本的に女性を恐れている。

 

はっきり言って女性不信だ。

「若くてきれいな」という形容詞が付くのかもしれないけれど、


それでいてフェミニスト寄りの考えを持ち、

女性に心惹かれるヘテロ男、


どれだけこじらせたら気が済むのかというくらい、

もはやよくわからない立場だ。


「女性の持つ神秘性」


「清らかさ」とも言えるだろうか。

私はきっとそういうものを信じているのだろう。


だからいくら女性の不誠実さに傷つけられても、

どこかに「運命の人」がいることを信じている。


「男尊女卑依存症」

世間にそういうものが蔓延っていると憂慮する女性たち、


だけれどもその逆も辛いものがある。


「女性の神秘性」を信じるあまり、

いつまで経っても先に進めないのだ。


どこかで見たことがあるけれど、

アイドルオタクなんかの話では、

自分が「推し」と付き合うなんて恐れ多くて考えてもみない。


そういうものらしい。


私の「女性に対する神秘性信仰」は、

それに近いのかもしれない。


これはフェミニズムでも何でもないな。

女性を「理想」という額縁に閉じ込めて鑑賞したがる歪んだ愛着、

そういう意味では「男尊女卑依存症」と同類だ。


私は「女性」を、

「人」として見る前に「女性」として見ているのだ。

これもまた「若くてきれいな」という形容詞が付く。


結局は年齢や容姿で判断している。

一回りくらい年上の女性たちには躊躇なく親しげに話しかける。

だけれども若い女性にはそうはいかなくなってしまった。


「女性」として見る前に「人」として見る。


言葉にするのは簡単だけれども、

なかなかに難しい。


こういうのって、

本能みたいなもので、

いつまで経っても変わらないのかな。


「女性」の方だって、

使えるうちはそれを武器にしている節がある。


それが当たり前で誰も損をしていない。

それならば、

こんなことを考えること自体が無駄なのかな。


「女性」の生きづらさ、

それと同じように存在する「男性」の生きづらさ、

そういうものにも目を向けてほしい。


私は「本能」を「理性」でコントロールしようとしすぎているのかな。


自らの欲求に正直になること、

それも誠実さのカタチなのだ。

ノルウェイの森』を読み直す時期が来たか。