「理性」に従う習性をもつ生き物

f:id:tureture30:20200710062549j:image

 

誰かと比べてどれだけ人生が先に進んでいるのか。

誰かと比べてどれだけのステータスを手にしているのか。


「欠落感」


その陰には「誰かと比べて」って、

そんな物差しが潜んでいる。


物差しを刀に見立ててさ。

鍔迫り合いを繰り広げて、

「やるな!」「そちらこそ!」なんてさ。

面白おかしく競い合っているうちはいい。


だけれども年を取るにつれて、

笑い事ではなくなるのだ。


刀を持つ気力すら失って、

手に入らない理由という言い訳を確立して、

鍔迫り合いを繰り広げていたライバルたちは、

先のステージに進んでいった。


取り残されてしまったようだ。


仲間たちと話をしていても、

新婚ののろけや奥さんが出産を控えている話、

家庭や子供のことで悩みをさらけ出している間、

私はどんな顔してそれを聞いていればいいの?


何をするにしても、

「家庭」のことが先に来る。

もはや別世界の住人なのだ。


あれだけ居心地がよかったのに、

居心地が悪くなってしまったな。


次のステージに進まないと、

どんどん居場所はなくなるのだ。


だからみんな必死になって、

心を殺してまで結婚のために躍起になるのだな。

そうなるまで気が付かない私は鈍感なのだろうか。


人は「本能」に突き動かされて、

それを「理性」と折衝させながら行動規範をつくる。

そのバランスが「個性」ってものなのかもしれない。


「人並外れた理性の持ち主」

かつて読者の方が私を評した言葉、


チャンスはたくさんあった。

だけれども逃し続ける。


臆病で勇気のない小心者、

そういう面はもちろんある。

だけれども私は「私のやり方」にこだわりすぎているのだ。


「誠実」って看板が何の役に立つのだろう。

みんなもっと衝動的にお楽しみなのだ。

そしてそれでwin-winの関係を築いている。


「満たされない」


そりゃそうだ。

「理性」で「本能」を殺しているのだもの、


「人としてどうあるべきだ」とか、

「相手を傷つけたくない」だとか、

難しいことばかり考えてさ。


結局は自分が傷つくのが怖いだけ、

ただの臆病者なのだ。


その「理性」って名前を付けた鎧を脱いで、

もっと生身で勝負できるようにならないと、


鎧の上からでは温もりは伝わらないのだ。

だから私の恋愛はうまくいかない。


いつだってそう。


「奇跡的にうまくいかない」って、

そう思っていたけれど、

それは必然だったのだ。


「触れたい」


そう思うならば

とりあえず触れてみればいい。


怖がらないでさ。


そっと優しく気持ちを込めて、

触れてみればいい。


気持ちが繋がっているかもしれないし、

それで気持ちが繋がるかもしれない。


例え繋がらなかったとしても、

後のことはその後で考えればいいのだ。

 

私はどこへ向かうのだろう。