「ゲーム」との付き合い方について思うこと

f:id:tureture30:20200711113304j:image

 

最近よく書くけれど、

休みの日はゲームばかりしている。

 

子供の頃に母親から言われたことがある。

「ますをはゲームで身を滅ぼすよ」

 

今思えば割と過激なことを言われている。

私はかなりのゲーマーだった。

高校までだろうか。

 

ディープではないけれど、

王道には一通り手を出している。

ドラクエやFF、ポケモンなんかも随分やったな。

 

いつの頃からか、

なんだか理想に燃えてしまって、

不思議と関心は外に向いたものだから、

しばらくゲームに触れない期間があった。

 

据置機はPS2で止まっている。

携帯機はゲームボーイカラーまで、

 

そこから社会人になって落ち着くと、

スマホゲームをやるようになった。

 

仕事が忙しい時期もあったから、

色々なゲームを始めたり止めたりの繰り返しだけど、

オフ会に参加してみるほどハマったものもある。

 

そしてまた今、

自粛を機にゲームばかりしている。

私はケチで課金するくらいなら止める派だから、

そこの節度はあるのだけれど、

 

ゲームの中毒性は、

「努力が報われるから」生じる。


一度記事にした覚えがあるけれど、

そういうことらしい。


リアルは報われない努力ばかりだ。


だから人は「報われる努力」を求めて、

ゲームにのめりこむ。


射幸心を煽るビジネススタイル、

人は「居場所」にお金をかける。

買うものはデータではなくて「居場所」


何ともよくできた商売だ。


書いていて思った。

笑うセールスマン」みたいだな。


「心のスキマお埋めします」

 

運の要素を強めにして、

たまに激レアなアイテムを引く。

それによって射幸心が満たされる。

そういう商売なのだろう。


世の中には「満たされない人」がたくさんいて、

「満たされない」と思いながら、

与えられた役割をこなし続けている。


その中に何か一つでも光り輝くもの、

ヒーローでいられる場所、

そういうものがあるだけで日常は照らされる。


だからそれを求めて、

ゲームに時間とお金をつぎ込むのだ。


だけれども気を付けなければならない。


積みあがる数字の魔力、

その虜になってしまったら歯止めは効かなくなる。

「リアル」と「バーチャル」が逆転してしまうのだ。


「いつ死んでもいいと思っている」


ゲーム以外に生きがいがなくて、

二十歳そこそこでそんなことを言っていた友達がいたな。


「ゲーム」って運営側からすれば商売だ。

利益が出なくなればサービスを中止する。


だからそんなものに人生預けてしまうと、

意図せず誰かに命を握られることになる。


今の私もそうだけれども、

ゲームに射幸心を求める時期があってもいい。

 

そこで得られた成功体験、

それが癒しになったりもする。


ゲームは素晴らしいものだと思う。

だけれども付き合い方は考えなければならない。

 

f:id:tureture30:20200711113530j:image


ソシャゲ関係の掲示板って、

例外なく運営への批判で荒れている。

みんなのめりこみすぎて人生を懸けているのだ。


「居場所を失いたくない」って、

なんだか必死なのだ。

自粛中にパチンコに並んでいた人たちも同じなのかな。


人はそれぞれに「居場所」があって、

その中で生きている。


それが一つしかない人もいれば、

いくつもを股にかけて右往左往している人もいる。


周りに度し難い迷惑をかけない限りは、

思う存分にその「居場所」に夢中になればいい。

「度し難い迷惑をかけない限り」は、


結局はさ。

人生は自己責任、

 

どういう「居場所」を作りたいのか。

どういう「居場所」を作ったのか。


「家庭」を築いて「居場所」を作る人もいるし、

「家庭」を築いても「居場所」がない人もいる。


「仕事」だって「趣味」だってそうだ。

 

人は「居場所」を求めて生きている。

その「居場所」によって自尊心を満たす。


だから、

「引きこもってゲームばかりして先に進んでいる気になっていればいい」

その先の人生に自分で責任を持てるのならば、


こうの史代この世界の片隅に

「ありがとう。この世界の片隅にうちをみつけてくれて」

 

戦争前後が舞台の物語、

一人では生きてはいけない時代だから、

人と人とが繋がるのだ。

 

今はパーソナリティが肥大化して、

一人でも生きていけるようになった。

 

でも、そうやってさ。

お互いがお互いの「居場所」になる。


どこの世界もそうであればいいのに、

 

いつも誰かと繋がっているのに、

いつも孤独を感じているのだ。

 

「人類はひとつ」とは言わないけれど、

もう少し周りに関心を持ってもいいんじゃないかな。

 

画面にばかり夢中になっていると、

大事なことを見落としてしまう。

 

「ゲームで身を滅ぼすよ」

戒めとして忘れてはならない言葉だ。

 

ゲームに満たされる。

そういう「時期」はあっても、

ゲームだけで満たされる「人生」はないのだ。