糸くず

f:id:tureture30:20200807060323j:image

 

端っこと端っこを持って、

相手を自分のもとに引き寄せようと、

お互いに力いっぱい引っ張る。

 

そうすると、

「ぷつり」と、

音を立てて切れてしまう。

 

そうやって切れてしまった「糸」

数えきれないくらいに散らばっている。


それを見るたびに後悔に苛まれて、

「あの時にああしていれば」って、

どうしようもない過去にばかり思いを馳せる。


その糸くずは、

「惨めさの象徴」だ。


相手を引き寄せようとするのではなく、

自分が歩み寄ればよかったのだ。


「張りつめた糸」


くだらない駆け引きを続けているうちに、

お互い引く力はに強くなる。


そして「ぷつり」


相手を求めるほどに、

相手を思いのままにしたいと思うほどに、

相手との距離は遠ざかる。


まずは一歩だけでいいからさ。

一歩だけ踏み出してみてさ。

相手の心に歩み寄ってみてよ。

 

主導権なんて考えなくていい。

そんなことを考えているうちは、

利害関係が先行しているのだ。


「張りつめた糸」

 

一歩だけ歩み寄ることで、

そこに生まれた「弛み」

 

はじめは照れ隠しに、

強がってはみるけれど、

次第にそれが「居心地の良さ」に変わる。

 

そうやってどんどん「弛み」は大きくなり、

糸が地面と接した辺りで、

二人の指は触れ合うのだ。

 

そしてその指と指には、

同じ真っ赤な糸が結ばれていることに気づく。

 

「張り詰めた空気」

 

お互いに引っ張り合っていたってことはさ。

お互いを求めていたという証拠、

 

だけれども、

気持ちを差し出すことができないからさ。

相手に気持ちを差し出すことばかり求めているからさ。

 

「ぷつり」

 

気がつくと手応えがなくなっている。

 

自分のプライドと、

相手を好きな気持ち、

 

それを引き合いに出して、

自分のプライドが勝ってしまうからさ。

 

「ぷつり」

 

相手はハサミを取り出して、

引っ張られる前に糸を切ってしまうのだ。


「相手を思い通りにしたい」だなんてさ。

 

そんなことばかり考えているならば、

「相手を好きではない」んだよ。


装飾品か何かと同じ、

自分を飾るための道具、


家電か何かと同じ、

生活を便利にするための道具、


「人」と「人」だからさ。

心を通わせることができるはず、


目の前に散らばる「糸くず」


そこから学ぶことはあっても、

それを大事に取っておく必要はない。

 

それを愛おしそうに眺めてばかりいないでさ。
さっさとゴミ箱に捨ててしまえばいい。