「優雅に過ごす」連休明けの朝に思うこと

f:id:tureture30:20200924061624j:image

 

雅な街「神楽坂」

 

所用あって、

「カフェドクリエ」でモーニングを取りながら過ごす朝だ。

 

「カフェドクリエ」のどこが優雅なのだ。

 

そんな声があるかもしれないが、

普段は朝食を簡単に済ませる私、

 

斜向かいにはグラサンをかけたグラマラスな美女、

それを横目にコーヒーをすすっている。

 

私にとってはなんとも優雅な朝だ。

 

降り始めた雨に呼応して咲く傘の花たち、

そんな色とりどりの花たちが雲間に射す光に揺れる。

そんな幻想的な朝だ。

 

向かいの店、

ガラガラとシャッターを開ける女性の姿、

 

どうやら経済活動は、

今日も普段と同じように始まるらしい。

 

活気付く街を横目に、

ふと浮かぶ感情、

 

気持ちのいい「ごちそうさま」を言って、

この店を後にしたいな。

 

そう思った。

そのまま「Go To Home」とはいかず、

連休明けの憂鬱な仕事が待っている。

 

だけれども、

ここからがまたスタートなのだ。

 

来週は久々に女性とデートの約束を取り付けた。

もう半年以上も自粛を続けていたのだ。

 

この4連休で各地は、

今年一番な賑わいを見せたらしい。

 

痺れを切らしてきた。

 

みな、心を開放したいと望んでいるのだ。

「withコロナ」って言葉、

 

はじめは「耳障りの良いことを言って」

だなんて思っていたけれど、

 

「命の使い方」

 

時は有限で、

その瞬間は一度しかないのだ。

 

史上初めて中止になった甲子園大会、

それだけではない。

 

今年の高校3年生にとっては、

それこそ命をかけて取り組んできた3年間を、

不本意な形で終わらせることになったのかもしれない。

 

だけれども未来は続いていく。

今を積み重ねて一歩一歩進んでいくのだ。

 

隣で熱心にアルコールスプレーを吹きかけて、

テーブルを磨く可憐な店員さん、

1時間足らずの滞在でもう3度目だ。

 

日本人は勤勉なのだ。

言われなくてもマスクをするし、

言われたら多くはその通りに対策に励む。

 

たくさんの努力が重なって、

出来上がる未来がある。

 

だから「withコロナ」

私の行動もそちらに寄せることにしよう。

 

今を積み重ねて、

未来へと生きていくために、

 

自然と一緒に居られる相手、

心がそういう相手を求めているのだ。

 

今回はしっかりとチャンスを掴み取りたい。

そう思った朝だった。

 

「ごちそうさま」

今日も私の人生は続いていくのだ。