「彼女とは一度も会ったことがない」と言われた話

f:id:tureture30:20201031110439j:image

 

ひょんなことから、

10代の男子と話す機会があった。


彼女に誕生日プレゼントを贈るということだったので、

「どういう感じの彼女なの?」と聞いてみると、

遠距離でゲームで知り合ったから一度も会ったことがないとのこと、


話を聞いていても「たぶん」とか「おそらく」とか、

そういう言葉が多いので、

もしかしたら姿を見たこともないのかもしれない。


だけれども、

「付き合っている」みたいだ。


思い起こせば、

若い時の恋愛なんてそんなものだったのかな。


将来のことなんて考えないから、

とりあえず「相手」がいることが大事なのだ。


私も二十歳のころにいた唯一の彼女は、

女友達からの「なしくずし的に」付き合うことになった。


「若い」って、

そういうものなのかな。


ドラマ『リモラブ』


波瑠さん演じるお堅い産業医が、

ゲームのチャットで知り合った男性に恋をする。

お堅いところから始まったのに、

崩壊していくキャラクターがなんとも可愛らしい。


役での年齢は28だ。

結婚を意識するお年頃、


それでも「寂しさ」を感じていたところに、

その心のスキマを埋めてくれた、

文字でしか繋がらない相手、

その相手に気持ちをどんどん膨らませていく。

 

「将来のこと」


そんなものは関係ないのだ。

人は「孤独」に耐えられない。

 

だからそこに光が差し込むと、

その光に触れてみたいと思う。

 

そして一度触れてしまったら最後、

その温かさに心を奪われて、

気がつけば相手のことばかりを考えるようになる。

 

「恋の始まり」って、

そういうものなのかな。


「相手がいない」

それだけで「性としての自尊心」は傷ついていく。

 

俺は男である。

私は女である。

 

その確証が得られなくて、

「異性」から求められる事で、

それを確かめようとする。


だから目の前にあるツール、

そういうものから感じる「異性」に惹かれてしまうのかな。


かく言う私もアプリで知り合った女性と会っている。

婚活を再開したきっかけは「孤独」が大きかった。

「前に進んでいない感覚」に耐えられなかったのだ。


「彼女とは一度も会ったことがない」


そう言われた時に、

前の私ならば、「否定」はしないまでも、

「肯定」もしなかっただろう。


「その関係に未来はあるの?」って、

きっとそんな冷めた目で見ていたはずだ。


だけれども今の私は、

それを聞いて「応援したい」とまで思う。


どのようなきっかけであっても、

関係がどのように変化していくのかはわからない。


それに当人同士が満たされていればいいのだ。


このような世の中だから、

少しでも「幸せの総量」を増やしていくことは必要だ。


例え一時的で終わったとしても、

「幸せな時」というものは、

人生に好影響を与えてくれる。


そしてその積み重ねが、

「自尊心」を育むのだ。


男も女も単純なもので、

ただ「相手がいる」というだけで、

少なからず満たされるもの、


その後がどうなったとしても、

その時が満たされていれば、

それでいいのだ。


いつ人類が滅びるのかもわからない。


理不尽に誰かの幸せを奪うものでなければ、

刹那的に生きればいいじゃない。


そのほうが「生きている」と実感できるはず、

 

もっと、

世界が幸せで満ち溢れればいいのに、