変化のあった10月を振り返って

f:id:tureture30:20201101110630j:image

 

思いのほか変化のあった月だった。


久しぶりの出張に、

今期2度目の神宮球場


友人宅にお呼ばれしたし、

オンラインでの飲み会もやった。


2度のデートをはじめ、

女性との接点は多かった。


振り返ると盛りだくさんだったけれど、

一つ一つのイベントを楽しめた気がする。


「自粛」が続いていたからだろうか。

私の心は変化を求めていたのだ。


だから普段とは違う予定があるだけで、

なんだかワクワクしてそれに臨んでいた。


私は「寂しがり屋」なのだ。

だから人とのつながりを求めている。

 

そして10月に巻いた種、

結果はどうあれ、

11月はさらに大きな変化のある月になるだろう。


気になるお相手との関係を、

はっきりとしたものに変えなければならない。


「進む」にしても、

「終わる」にしても、

私の心に変化が生じることは間違いない。


それがどのような変化であっても、

「変化がない」よりはいいはずだ。


変に期待をしてしまうと、

また大きく傷つくことになる。


楽しく過ごせればそれでいいのだ。

それから先のことはその延長線上にある。


今のところ、

いっしょにいて嫌な気持ちになることはない。

そういうお相手は貴重だと思う。


今まで続かなかった人たちは、

いっしょにいて何か引っかかるところがあって、

ある意味では出会いを重ねることが、

修行みたいになっているところがあった。


ところが今回はそういうことがない。

お相手が「我を押し付けないタイプ」だからだろうか。


男もそうなのかもしれないけれども、

「婚活女子」の多くは「自意識の塊」だから、

「自分の価値を主張するような態度」だったり、

「将来を期待したプレッシャー」をかけてきたり、

そういうものに辟易していた。


私は追いかけるのが好きなのかもしれないな。

女性を見る目がないくせに懲りないものだ。

 

11月には実った果実を収穫できるのだろうか。